レンジャーテイクダウン

別名称一覧:
  • Ranger Takedown
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
5.名無しさん2020年10月03日 12時26分

三人称視点だと足払いだが、一人称視点だと掌底になる。

4.名無しさん2020年10月02日 23時20分
3.名無しさん2020年10月02日 18時59分

 そのようです。Speechのスキルが30で、足のケガについてのチャレンジを達成すると教えてもらえるようです。これは大変失礼しました

2.名無しさん2020年10月02日 16時39分

>>1
クエスト達成ではなくspeechチャレンジでアンディを励ますと教えてもらえたような?クエスト達成で教えてもらえるのはカーントリックだけだったと思う。

1.名無しさん2020年10月02日 14時40分

 ノバックに住まいを持つ引退したNCRレンジャー、アンディの依頼で受けるサイドクエスト、Andy and Charlieを達成すると教えてもらえるUnarmed Perkである。習得した後に後方へ移動しながらパワーアタックをすると素早く低姿勢になりながら、左足を軸に身体を回転させ、伸ばした右足の踵を槌のようにして敵を足から転倒させる技へと変化する。カポエイラの足技のような動きである。
 上手に敵を転倒させた時は大きな隙を作りだすことができるが、接近してくる敵に対して適当な間合いとタイミングで技を繰り出して当てるのは難しい。さらに武器の攻撃速度によって発動するタイミングが異なるし、Slayer(5%、10%)、Melee Hacker(5、10%)、Ain't Like That Now(20%)といった攻撃速度上昇Perksに加え、ラッシングウォーターの速度上昇効果も適用される。攻撃速度に何の補正も無い場合、素手の場合かなり後ろに下がらないと発動しない。逆にサタナイト・パワーフィストのような速さがあれば少し後ろに下がっただけですぐに発動する。それでも間合いを把握してしっかり敵に当てていくのは難易度が高いだろう。タイミングによっては、敵は転倒したがクロスカウンターのようになってこちらも相手の攻撃を貰ってしまうこともある

関連用語について
コメントを投稿する
11027



ページ上部に戻る