ホワイトレッグス

Honest Hearts
別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年07月18日 01時10分

DLC Honest Heartsにて敵として登場する部族で、アンチマテリアルライフル12.7mmSMG等の強力な銃火器で武装し、肌の大部分に塗られた白いペイントと出来損ないのドレッドヘアーのような髪型が特徴。

シーザーリージョンに加わるための条件としてニューカナーン人(というかバーンドマン?)を滅ぼすことを命じられ、彼らの町を廃墟へと変え、生き残りを追ってザイオンまでやってきた。
かつてはダニエルが哀れむレベルで無知で愚かな部族だったようで、狩猟採集すらままならず他の部族やキャラバンを襲うことで生活していたが戦前の軍の武器庫を見つけ、何者かに扱い方を教わったことで現在の姿となった。

2.名無しさん2019年07月20日 10時09分

Lonesome Roadでわかることだが、指揮や調練に携わったのはユリシーズであり、ホワイトレッグスはシーザーではなく彼に心酔、彼にあやかって髪型を真似るようになった。

しかしその髪型持つ歴史や意味を全く顧みないままにただ蛮性のままに真似しているのみ、しかも侮辱的な意味を持つ間違った結い方をしていたがために、ホワイトレッグスという部族そのものをユリシーズは軽蔑するようになった。

せめて髪型の由来を聞いてちゃんとした結び方を教えて貰えば…とは思うがそんなことも思いつかないぐらいぐらいのレイダー部族だったのだろうか…。

3.名無しさん2019年08月10日 19時20分

ジョシュアのホワイトレッグス殲滅案を選択して殴り込んだラスト、ついに二人の超人に追い詰められ命乞いする族長を目にする事になる。

ジョシュアを高スピーチ説得して逃がすかそのまま殺害するか選べるのだが、どちらを選んだかでその後のソローズに与える影響が若干変化する。
しかしホワイトレッグスの方はどちらにせよ大幅に弱体化し、長年他の部族から買っていた恨みが爆発して攻め込まれ散り散りになる。因果応報とも言えるが、やっぱりダニエルは報われない。

4.名無しさん2019年08月28日 23時58分

ダニエルソローズ撤退作戦に同調した場合、運び屋がオプション目標のソローズ捕虜解放や特定地点のホワイトレッグス撃滅(合計三つ)を全てこなした後、ダニエル達を含めたソローズの殆どは撤退に成功するものの、以降はホワイトレッグスがザイオンを我が物顔で闊歩するようになる。
しかしリージョン側はユリシーズの項目にもある通り最初から彼らを迎え入れる気は無く、ジョシュア殺害失敗を理由に突っぱねる。以降の彼らは大まかな目標を失い、小規模な複数のレイダー集団となって散り散りになっていく。

ゲーム的には運び屋が連中を狩って装備を奪えるので美味しいっちゃ美味しい。

関連用語について
コメントを投稿する
8007