ヘリオス1

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2018年10月28日 10時05分

>>4 の指摘により修正

モハビ中央部付近に位置する戦前の集光型太陽熱発電施設
本棟を中心に、大量の焦熱ミラーが扇状にズラリと並んでいるのが最大の特徴
ここから反射・集束した太陽光熱を本棟に集め、その熱によって発生させた水蒸気でタービンを回すことで電気を生み出している
フーバーダムには遠く及ばないが、完全稼働すればかなりの発電力を発揮可能とされ、各勢力からは重要施設の一つとして目されている

元々はBOSが占拠していたが、施設の奪取を狙うNCRの物量に任せた総攻撃を受け撤退、現在はNCRが占拠している
しかし、NCRを以てしても完全稼働させるには至らず、この施設が日の目を見るのは運び屋が足を踏み入れてからになるのだが…しかし…

2.名無しさん2018年10月28日 15時50分
感想

完全稼働を果たすと、モハビの特定地域に電力を供給できる。
NCRMr.ハウスの管轄域などに電力を送って各勢力の機嫌を取るも良し、貧しい地域に送って善人運び屋として貢献しても良し。

また、実はこのヘリオス1、極太レーザーを天空から照射する衛星兵器「アルキメデスII」のエネルギー供給元としても機能する施設で、アルキメデスIIを使えるようにすると、当然ながら電力をどこかに送ることは出来なくなる。
つまり、自分のためだけの施設にしてしまうことも可能なのである。

全ての判断は運び屋(あなた)に委ねられている。後悔のない選択を。

3.名無しさん2018年10月30日 10時13分

ちなみに、アルキメデスIIを解放するとここを占拠しているNCR兵敵対され、NCRからの評判も大幅に低下するので要注意

4.名無しさん2019年01月05日 21時54分

現実のネヴァダソーラーワン、ネヴァダソーラートゥーがモデルとなっている。
これらや、ヘリオス1は「太陽光発電」ではなく、タワー式の「太陽熱発電」である。

5.名無しさん2019年03月08日 18時24分

>>3
衛星に送る分には問題ない。問題なのはアルキメデスIの方で、こちらはヘリオス1の自己防衛システムになっている。

関連用語について
コメントを投稿する
5194