ステルスボーイ

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
4.名無しさん2020年12月02日 22時40分
感想

異常性の発揮については本作で初めて語られた要素であり、様々なユーザーの興味を引いた。

以降の作品ではクローズアップされないが、ナイトキン達がちらついて、ステルスボーイがなかなか使えない人も多いのではなかろうか。

3.名無しさん2020年12月02日 03時54分
感想

因みにストーリー上使うのを躊躇いたくなる原因は、「常用すると脳・神経に不可逆な悪影響をもたらす」ためである。
とりわけ本編ではナイトキンに顕著であり、大半の名前付き人物がせん妄や妄想、幻覚、統合失調症、解離性同一性障害などに悩まされている(各項目参照)。
またDr.ヘンリーは、ステルスボーイを噛み砕いた結果透明能力を得たナイトストーカーにも、ナイトキンと同様の神経化学的変化が見られると発言している。結果として、どの生物もこの悪影響に悩まされる可能性が示唆されている(没設定では実際に常用して同じ症状を発症した人間の集団がいたりする)。

この点を考えると、ステルスボーイは単なる光学迷彩発生装置ではなくより化学的な何かを利用している特殊な装置の可能性があるが、その点は謎に包まれている。今後Dr.ヘンリーが解き明かすのだろうか…。

2.名無しさん2020年11月06日 23時22分

ベテラン運び屋グッドスプリングスでこれを拾い、ベガス直行シルバーラッシュの商品を根こそぎ盗むのが王道である。また勢力の評判を落とさずに暗殺が出来たり、敵を丸ごとスルーしてユニーク武器を拾いに行ったりと、ゲームの仕様を理解すれば途端に利用価値が上がるミラクルアイテムなのだ。
反面非常に希少なアイテムでもあり、フィールドから入手するのは限りがある。例によって戦闘では何の役にも立たないため、プレイヤーが使うのは暗殺や裏工作のような「タクティカル」な使い方をするのがメインだろう。

1.名無しさん2020年11月05日 23時18分

戦前に開発された携帯型光学迷彩発生装置。
使用すると一定時間(2分)Sneakを+100した上で透明になる。
重ねて使用することで効果時間を伸ばす事が可能。

本作ではステルスボーイを常用する種族としてナイトキンが、更にステルスボーイの特性をとある手段で得たと推測されるナイトストーカーが存在する。
そのためメインクエストを含めた物語に少なからず絡む道具となっている。

ストーリーの流れ的に使うのを躊躇いたくなるが、今作は穏便にことを収めたい場合隠れて進行したい場面が多い(先述のナイトキン絡みでもそう)。
1~2個ぐらいはうまく所持しておいてここぞという時に利用したいところ。

関連用語について
コメントを投稿する
11333



ページ上部に戻る