新アパラチア中央操車場

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年03月15日 23時20分

マップのほぼ中央、ホワイトスプリングの北に位置する操場。
の整備場と思われる大きな建物があり、内部の西側にアーマー作業台、東側に武器作業台がある。
また、この建物内にはパワーアーマー出現ポイントもあるが、本作屈指の人気スポットであるホワイトスプリングに近いためか、なかなか競争率が高くパーツの無いシャーシだけが残された状態となっていることも珍しくない。

また、建物から線路に沿って少し北側に進むと新アパラチア銀行があり、さらに進むと線路の信号所がある。
信号所にはターミナルが残されており、そこで働いていたアル・ウォージックという人物が、キャリー・スキナーという女性と、彼女の弟の三人で新アパラチア銀行を強奪する計画を練っていたことが分かる。

アパラチア銀行が武装列で輸送される際に、アルが線路を切り替えて列を足止めし、その間にキャリーと弟が列ごと現を強奪するという計画だったようだ。
計画は2077年9月28日早朝に実行されたが、キャリーの持ち込んだ爆の威力が想定以上に大きかったらしく、銀行の建物自体が大きく損傷して死者が出る大惨事となり失敗に終わったようだ。

アルはその後も何食わぬ顔で勤務を続けていたようだが、事件から三日後の10月1日には早くも犯行が発覚したらしく、彼のもとに連邦捜査官が訪れている。

しかし仮に計画が成功していたとしても、10月23日には最終戦争が勃発するため、奪ったは使う暇がほとんど無いまま「ケツ拭く紙にもなりゃしねぇ」状態になったはずである。

2.名無しさん2019年03月16日 07時42分
感想

現在はセントリーボットガッツィー大佐、アサルトロンが闊歩する危険地帯となっている。ホワイトスプリングから世界の頂上に向かうために進んでいると、突然現れた大量のロボットにボコボコにされるケースが多いので気をつけよう。

関連用語について
コメントを投稿する
7346