ブルーリッジ・キャラバン

Wastelanders
別名称一覧:
  • ブルーリッジ・キャラバン隊
  • ブルーリッジキャラバン
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
Wastelanders新規追加
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
7.名無しさん2020年05月19日 16時28分
感想

>>6
Fallout2には自家用が登場し、主人公がそれを購入して運用することができたという。燃料フュージョンセルだとか。
まぁ、あちらはカリフォルニアの荒野の話だし、山がちなアパラチアではバラモンを利用した輸送の方がまだしも効率が良いのかもしれない。それに2103年の世界では何を使うにしろ燃料も貴重なはず。毎度毎度食い虫の車両を使っていては商売あがったりなのだろう。

ちなみにクレーターに放置されているダンプカーなど、NPC拠点のいくつかは建設時に車両が用いられたことが示唆されている。考察の種としてそういった車両を探してみるのも面白いかもしれない。

6.名無しさん2020年05月19日 15時59分
感想

>>2
恐らく200年経っても車両が通れるほどのインフラが整備出来ていないということだろう。実際前作や前々作を見ても道路はガタガタで戦車でも無い限りまともな走行は難しそうだ。

5.名無しさん2020年05月10日 00時27分
感想

彼らのフラッグやバックパックには
ブルーリッジ山脈と思われるが描かれている。

ウェストバージニアを懐かしむ歌詞の
Take Me Home, Country Roads冒頭で
“Blueridge mountain, Shenandoah river
と歌われるブルーリッジ山脈だが、
厳密にはウェストバージニア州にはかかっていない。

4.名無しさん2020年05月06日 14時40分
感想
3.名無しさん2020年05月03日 15時39分
感想

>>2
falloutシリーズではたびたびに関する言及がされているので車両を運用していない訳では無い。(NCRトラックの話やBOS装甲車から出てくる演出など)
ただ、車両の運用は技術力や国力のある組織でないと難しい為、相当復興するまではバラモンは人々の貴重な輸送手段であり続けるだろう。

2.名無しさん2020年04月30日 09時14分

戦前トラック輸送を行っていたらしいが、現在はパックバラモンキャラバンガード数名という編成で各地方のウェイストランド間の物流をしぶとく継続している。

なおこの輸送方式は今後200年経っても変わる事はないのだが、この当時の人々にとっては知るよしもない事である・・・。

1.名無しさん2020年04月29日 12時33分

ビッグベンド・トンネル周辺にいるキャラバン隊。
アパラチアの外部から物資を入手し、トンネルを通って各地の居住地と交易を行っている。
外部からの物資は希少な為、ファウンデーションはもちろんクレーターレイダーも彼らに手を出さない。

最高責任者はジョアナ・メイフィールドで、アパラチアにはいないがその内来るらしい。
現在現場を取り仕切っているのはヴィニー・コスタの様だ。

関連用語について
コメントを投稿する
9208



ページ上部に戻る