スーパーミュータント・スーサイダー

別名称一覧:
  • スーパーミュータントスーサイダー
  • スーサイダー
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
スーパーミュータント
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2018年11月21日 13時03分

FO4より続投のお馴染み特攻隊。信管の外れたmini nukeのピッピッピッ...という音と共にプレイヤーめがけて一直線に向かいタッチダウンを狙ってくる。前述の特徴的な音がしたら真っ先に警戒すべき。前作では爆破させずに倒すことでmini nukeが1つ手に入ったが今作は1体につき複数個まとめて(何故?)手に入るのでfat manをメインとして運用するプレイヤーには良い補給源となる。蛇足だが今作では服すら纏っていない状態で登場するのでますますこの役柄をさせられるスーパーミュータントさんが不憫

2.名無しさん2018年12月10日 10時18分
ネタ
3.名無しさん2018年12月10日 13時48分

前作ではそこら中にいたが
今回は割とレアな印象。
普通に歩いている所はほぼ見かけず、スーパーミュータントに占拠されているロケーションを回っているとたまに見かける、程度。

4.名無しさん2018年12月18日 00時35分

爆発物で攻撃すると自爆する場合が多いのでミニューク目当てでなければ爆発物で誘爆させると楽に処理できる

5.名無しさん2018年12月18日 00時49分

いつものようにミニニュークは右手に抱えているので
VATSで右腕を狙えば体力関係無しにその場で爆散させる事ができる。

今回のスーサイダーはレベル68とウォーロード並みに
強化される事があり非常にタフなので、ミニニューク目当てで
まともに倒そうとすると意外と苦労する。

6.名無しさん2018年12月18日 01時09分
ネタ

ラガーマンのような体格のスパミュが、ラグビーボールのようなミニニュークをを持って悪質タックルをしてくるという愛らしい敵。
しかし彼らは紳士なので、ラグビーのルールに則り決して前にミニニュークを投げたりはせず、しっかりとタックルで点を決めてこようとしてくる。

7.名無しさん2018年12月18日 18時32分

Fallout4では1団体に1人はいたのだが、今作ではウエストテック研究センターの入り口や、Event:Jail Breakで1体出現するのを見かけるぐらい(他の場所にもいるかもだが)の割とレアな個体となっている。

8.名無しさん2019年01月12日 02時27分

ちなみに今作では膝を砕いても自爆しなくなった。
しかし時間経過で復帰するのでさっさと頭を叩き割ってやろう。

9.名無しさん2019年01月18日 11時53分
感想

近作の彼らは何故か顔を赤くペイントされている。
彼らの文化か何かかは不明だが、この職(?)に任命されるに至るには何か特別な事でもあるのかもしれない。

10.名無しさん2019年03月10日 23時04分
感想

わざわざ自爆を食らおうと近寄ったがいつまでたっても自爆しないしたまに自爆モーション入ったと思ったらモーションだけで自爆しないしどこかのアップデートバグったのだろうか

11.名無しさん2019年03月25日 18時25分

レアキャラではあったがファズナハトパレードでは大量に現れる

なお、彼らの落とすミニニュークはROOT権に関係なくインベントリに現れ、誰かが取ると無くなる早い者勝ち仕様である

12.名無しさん2019年03月25日 18時52分

前作自爆は76住民よりかなり硬い111に致命傷を与える威力だったが、本作では威力が一桁どころか二桁足りないのではと思うレベルの低威力になっている。

13.名無しさん2019年03月26日 17時04分
感想

言うまでもなく、アメリカン・フットボールが元ネタ
旧作では、スーサイダーに巻き込まれて死んだ際に獲得できる実績名が正に「タッチダウン」であった。
スクールカーストの頂点に君臨するジョックス(体育会系のボス猿、ステレオタイプ的にはアメフト部)を、カースト底辺のレジデントナードレイジを発動させて下剋上する…などと考えるのも、なかなか趣深いものがあるのでは。

14.名無しさん2019年05月25日 09時22分
感想

旧作(少なくとも4は確実)からどういう経緯で発生or任命するかよくわからないポジションのミュータント。
前作の台詞からでは勇気ある個体がこのポジションになるかのような印象だったが、今作は顔面を真っ赤に染め上げ、拘束具のような衣装をしている事からまるで使い捨ての囚人兵器のような印象を受ける。

15.名無しさん2019年05月25日 09時55分
感想

拘束具のようなチェーンも顔面真っ赤ペイントも、勇敢なる突撃に赴くスパミュ達の伝統的な戦装束だと考えると勇気ある個体=スーサイダーという考え方でもおかしくないような気がする。
個人的な推測ですが。

16.名無しさん2019年05月25日 14時25分
ネタ

世紀末の「赤ずきん」である。
もしかしたら生前も幼気な少女だったのかもしれない。

17.名無しさん2019年08月14日 01時55分

最初はそれと気付かず、普段通りに頭をスナイプして倒し、さてお宝を頂こうかねと近付いたところ、爆発物がどうのこうのという警告ウィンドウと共に聞きなれたピッピッピッピッ。マジかと焦って死体から距離をとったところ、ドッカーン。ミニニュークを撃ち抜かないでやっつけるとこうなる仕様?

関連用語について
コメントを投稿する
5351