イータ・プサイ・エプシロン・タウ・ギリシャ文字クラブ

別名称一覧:
  • イータプサイエプシロンタウギリシャ文字クラブ
  • イトペト
  • ηψυτ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年03月14日 23時54分

正式名称「イータ・プサイ・エプシロン・タウ・ギリシャ文字クラブ」。
…長すぎるためか作中ではもっぱら「イトペト」と呼ばれている。

パイ・カッパ・ミュー・ギリシャ文字クラブ同様、いわゆるグリークハウスフラタニティと呼ばれるVault-Tec大学内の組織(詳しくは各人で調べて欲しい)。
パイ・ミューと違い、クラブ規則に
・平均GPA3.85を維持し続ける。(執筆者注: 良い成績を維持し続けるということ)
・化学関連の主専攻または副専攻がある。
・最低2つ以上のコミュニティ奉仕活動に積極的に参加していること。
ボードゲームが大好きなこと!(冗談。別に必須ではない)
と書かれていることから、化学系の成績優秀者で構成された(若干オタク気質のある)クラブだったようだ。
支部長ジュディ・ロウェルは自分たちイトペトのことを「ずっと負け扱い」と語っていたことから、学内での立場は余り良くなかったと推測される(パイ・ミューのようなパーティー集団の方が学生のウケが良いのだろうか)。

主要なメンバーは支部長ジュディ・ロウェルルイス。特にルイスは化学方面で相当に優秀な人物だったらしい。
また、彼ら自身が学生にして青年実業家だったのか、それともVault-Tec大学の学友である青年実業家たちに話を持ちかけたのかは不明だが、大学近くのビッグ・アルのタトゥーパーラーの地下室を「ある目的」のために初回10年間リースできるだけの(そしてその店主がタヒチで豪遊できるほどの)を調達することができたようだ。

学内での立場はともかく、成績優秀、品行方正、ついでにも動かせるという文句の付けようがない学生の集団に見えるが、じゃあ本当に何の問題もないのか、というとそうでもないようで…。
彼らのしでかしたことの正体は、「Wasted on Nukashine」で明らかになる。

関連用語について
コメントを投稿する
7334