フェリー乗りのトバル

Point Lookout
別名称一覧:
  • トバル
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2017年04月23日 04時06分

DLCPoint Lookout」に登場したキャラクター。
キャピタル・ウェイストランドからポイントルックアウトを往復する交易船「ダッチェス・ギャンビット号」のオーナー兼船長を務める壮年の男。
主にポイントルックアウト原産のプンガフルーツの輸送と流通を手掛けているのだが、現地人ですら入手手段が限られるプンガフルーツをどうやって大量に仕入れているかは謎に包まれている。
どうやら多数の人々をポイントルックアウトに誘っては連れて行っているようであり、101も彼からの提案で同地に向かうこととなる。

2.名無しさん2017年04月23日 08時23分

プンガフルーツの栽培方法を知れば彼が何をやってるかがわかるだろう……知る頃にはもう遅いけど。

3.名無しさん2017年04月23日 19時51分
4.名無しさん2017年04月23日 23時57分

その正体は、プンガの大樹によって気絶した人間の脳髄の一部を摘出して集めていたサイコパスである。

彼の船のダッチェス・ギャンビット号には大量の犠牲者の脳があるのだが、彼が何故脳髄の一部をコレクションしていたのかは不明である。

アイツ様がこれについて気が付いた時には、知ったからには生かして返さぬとされてしまうが、返り討ちに合い犠牲者と共に脳みそをブチまけダッチェス・ギャンビット号に眠ることとなる

5.名無しさん2017年04月24日 08時25分

101が女性だと、気絶している間に手術以外にも何かしら楽しむようである

6.名無しさん2017年04月24日 08時40分

行く先々で人も化け物も皆殺し、めぼしい物を持ってけるだけ持って行く101と自分は同じ穴のムジナと主張するどころか、自分の趣味の方が自然に優しいと逆ギレをする。

彼曰く昔はコモンウェルス(連邦)からブロークンバンクスまで行き来していたようだが、海沿いが荒れ始め腹をすかせた化け物が増えてきてからキャピタルポイントルックアウトを行き来している模様。

7.名無しさん2017年04月25日 11時01分

101がトバルに脳味噌をコネコネされている時に視る幻覚は、普段は何も語らない101の心の闇が垣間見えるような物がある。
ボブルヘッドのメッセージ等)

特に自分を産んで亡くなった母親に対する罪悪感の象徴であろう白骨死体のメッセージは相当に厳しい。

本来それらは心の奥底に沈んでいるモノであり、たまに浮かび上がって来て自身を苦しめる事はあっても他人に明かされるべきモノでは無い。


トバルはそういったモノを曝け出させ、我が物にする事を楽しんでいるフシがある。
(101に対し、頭をいじくっている時にお前が話した事を親が聞いたら悲しむだろうなぁ等としたり顔で話す)

もしかすると彼はぷかぷかと浮かぶ脳味噌を見ては「コイツはあんな事を話していたっけな…」等と回想し、暗い楽しみにふけっていたのかもしれない。

8.名無しさん2017年06月13日 01時01分

アイツ(またはあの娘)から大切なモノを奪った最低最悪の趣味を持つ悪党。
主人公が頭を切り開かれた後の現時点では頭に傷を負ってしまっている。
(下記、トバルに頭を切開されたあとのアイツ。なお顔もはっきり描かれている)
https://www.flickr.com/photos/47857688@N08/6877303655/in/album-72157629320774861/

主人公であるあの娘であった場合は頭を切開される事は免れるものの >>5 にある通り
性的な悪戯をされる。
どちらのアイツ(あの娘)でもブッチは付いて来てくれた様子。

9.名無しさん2017年12月11日 20時20分

あちこちに出向いて商売してきた関係か、ゲーム的にもBarterスキルが高く販売品は高い(チケット含む)、買取は安いの二重苦なのでチケット一枚だけ買ったら買い物はやめてさっさと現地に出向きイベントを進めて始末した方が財の被害は最小限で済む。

関連用語について
コメントを投稿する
4230