難易度

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2019年08月11日 19時58分

ポーズメニューからいつでも選択出来る、Fallout3からお馴染みのシステム。

本作では経験値の補正は無く、運び屋と敵の攻撃力のみに作用する。

2.名無しさん2019年08月11日 20時00分

前作Fallout3では手っ取り早くレベルを上げたい場合、危険を承知で上げるという選択肢もあったのだが、本作ではプレイヤーの趣味以外で上げるメリットは無い。

3より戦闘自体の難易度も全体的に上がっているので、こだわりが無ければVery Easyで良いだろう。

3.名無しさん2019年08月11日 22時24分
感想

ノーマルと比較するとベリーハードは敵が2倍のダメージを与えてきて、こちらは半分のダメージしか与えられない。
敵の強さを指数関数的に上げる補正のため、元々弱いラッドローチは雑のままだし途轍もなく強いデスクロー・アルファ(オス)は一撫ででどんな運び屋も即死させる邪神と化す。

どのようなゲームにも言える事だが、プレイヤーとAIが完全に対等な条件でゲームを遊ぶ際は大抵がプレイヤー無双になってしまう。
AI操作ではプレイヤーの複雑でイカれた判断や技量を超えるのは大変難しく、「何十時間も遊んでいると敵の手ごたえがあまりにも無くなってくる…」といった事態が起きやすいのだ。
そのため、こうした極端なハンディキャップでAIとプレイヤーの差を埋めるのが高難易度の存在意義である。

4.名無しさん2019年08月16日 00時03分
感想

ちなみに難易度補正はAI同士の戦闘には一切関与しないため、手強い敵をどうしても倒せない時は近くの人間に擦り付けてしまうのも手。
筆者はデスクロー先生フィーンドのアジトまで引き付けて、一発もを消費する事なく賞金首を一網打尽にしてもらった。
これぞAnimal Friend[嘘]

関連用語について
コメントを投稿する
8104