プラチナチップ

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2020年07月31日 01時39分

本作において最も重要なアイテムであり、これを運んでいる途中で運び屋ベニーと取り巻きのカーンズに襲われ頭を撃ち抜かれることになる。
一見するとプラチナ製のチップだが、その正体はMrハウスが開発したセキュリトロン核ミサイル迎撃システムなどのアップグレードデータが入った高度な情報記憶装置である。
ハウス戦前サニーベールにチップの作成を依頼しており2077年10月23日ラッキー38に届けられる予定であったがその20時間前にラスベガス近郊に核爆弾が飛来したことによってプラチナチップは行方不明となってしまう。
その後Mrハウススカベンジャー達に一年当たり812,545キャップをも支払いサニーベール周辺を捜索させ遂に発見し輸送させた。
そして運び屋が紆余曲折を経てMrハウスにチップを届けると、彼は運び屋の手腕を高く評価しNCRリージョンの脅威に対抗するため運び屋を自身の右腕として扱う(利用する)ようになる。
その前に運び屋が受け渡しを拒否するとMrハウスも最初は冷静に反論してくるが次第に感情的になり「運び屋なんだから黙って素直に渡せ!それは私の物なのだ!」と強く言い返してくる。
ただ運び屋が攻撃を開始するまでチップを200年も待っていたのにも関わらずハウスは殺して奪おうとはしてこない。彼の話を聞くと分かるが彼は至って善人なのである。
余談だがプラチナチップを渡すと運び屋セキュリトロンMk2のデモンストレーションを見せてくれるが、その後ストリップセキュリトロンを一斉にアップグレードしたらストリップ地区が大騒ぎになったことを得意気に話してくる。Mrハウスにとって運び屋は唯一話すことが出来る善き友達でもあるのだろう。

関連用語について
コメントを投稿する
10358



ページ上部に戻る