パパ・カーン

別名称一覧:
  • パパカーン
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
グレート・カーンズ
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
9.名無しさん2020年11月01日 16時54分
感想
8.名無しさん2020年10月03日 11時35分
感想

彼の家でお前は誰だと質問すると
『人の家に入ってきてお前は誰だと聞くのか?』とツッコミを入れるがその後ちゃんと教えてくれる

7.名無しさん2019年07月09日 01時09分

右腕であるリージスからは「野蛮だが暴君ではない」と評される男。
実際Speechが足りず、説得に失敗しても運び屋の行動によって信頼した幹部たちからリージョンと手を切るよう言われれば素直に聞きいれる。

…流石にNCR味方につくよう頼むと怒って敵対してしまうが

6.名無しさん2019年04月16日 23時23分

カーンズの歴史について尋ねると「グレートカーンズは14年前NCRから離れて西へ来た。」と言うが
原文は"The Great Khans came east out of the NCR 14 years ago."なので誤訳
グレートカーンズは14年前NCRから離れて東へ来た。」が正解
eastを西と訳すというとんでもないミスをしている

5.名無しさん2019年02月21日 01時48分

暴力以外を知らないレイダー集団でしかなかったカーンズ
一定の秩序と誇りを持たせたその指導力は本物
ただ前身であるシェイディ・サンズの頃から続くNCRとの確執(大半は身から出た錆)を未だに捨てきれていない辺りはならず者時代のカーンズを引きずっているように見える

4.名無しさん2019年02月20日 18時24分

リージョンとの同盟」が実質「リージョン下に入る」ことになるのは自覚しているが、それが同時に「グレート・カーンズという『個』と『伝統』が破壊されて取り込まれる」ということを今一つ理解していないところがある
リージョンの風下に立つ程度はNCRへの恨みで一時的なものとして甘んじる覚悟はあるようだが、さすがにカーンズそのものを潰されることは我慢ならないようで、説得してリージョンの魂胆を理解させると、渋々ながらもNCRとの講和に同意してくれる

3.名無しさん2019年02月14日 03時45分

旧作でさんざんボコボコにされたカーンズを改めて再起させた上で、方針さえしくじらなければ大帝国を築き上げるなど高い指導力の持ち主。
またなんやかんやで100年以上続いた部族の歴史と伝統をかなり大事にしており、運び屋リージョンとの同盟を破棄するよう説得する際もその点を突くことになる。

逆に言えばその高すぎるカリスマ部族の歴史に対する頑迷さが仇となり、カーンズに誇り高き歴史などないと挑発されそれに乗ったルートでは、リージョンと関わらない状態で唯一部族を完全壊滅に導いてしまう。

2.名無しさん2019年02月13日 20時41分
感想

旧作で2度シバいた前世を持つ運び屋からすると「お前らが言うな」感が物凄い。(詳細はカーンズの項目参照)
だからこそ彼らがいい方向に向かうルートは結構面白いのだが。

1.名無しさん2019年02月13日 19時20分

グレート・カーンズの長
カーンズモハビに移住してきた頃からの長きにわたる指導者であり
部族の信頼も厚いカリスマ
 
ビタースプリングスの虐殺以来、NCRに対する憎しみは強く
復讐のためにシーザー・リージョンの使者を迎え、同盟を結ぼうとしている

関連用語について
コメントを投稿する
7099



ページ上部に戻る