ナイトストーカー

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
4.名無しさん2019年10月30日 13時24分
感想

倒された時の悲鳴が「きゅぅん」と聴こえる

何かこちらが悪い事でもしているかの様な気分になる・・・

3.名無しさん2018年11月19日 03時37分

特定のPerkを取得することでゲッコーと同様に攻撃しない限り敵対しなくなる。探索時に特徴的な鳴き声が聞こえるとちょっと安心するレベル

特にジェイコブスタウンOWBクエストでは一気に難易度が激減する。こちらに目もくれずのんびり過ごしてる彼らの間をラジオを聴きながら散歩するだけのお使いと化す

2.名無しさん2018年11月11日 21時17分

クローキング機能は基本的にモハビ中の一般個体は発動せず、ジェイコブスタウン北のチャールストン洞くつ(噛み千切ったステルスボーイの成分による変異?)と、X-13研究施設(実験の結果?)の一群のみが常時ステルス機能付与という形で発動している。

実験の結果はともかく、機械であるステルスボーイに含まれる何が影響してこんな変異(先祖返り?進化?)をしたのかは気になるところ。

1.名無しさん2018年11月11日 19時53分

コヨーテとガラガラヘビのDNAを接合して生まれた夜行性肉食モンスター
集団で行動しており、ガラガラヘビのような特徴的な鳴き声を出すのが特徴的。
見た目は頭部と尻尾がヘビ、胴体部分がコヨーテとなっているため非常に不気味。


本編では出自は不明だっがたDLC:OWBによって明らかになった。
ビッグ・エンプティDr.ボロスが製造者であり、絶滅気機種であったガラガラヘビの保護という名目で、コヨーテと遺伝子接合して生み出された。

その後ステルススーツを開発するX-13研究施設のパリス博士の元に送られる。
先天的か後天的かは不明だが、ナイトストーカーにはクローキング性能が備わっており、
それを意図的に引き出すためにかなり強引なやり方で血清投与やストレステストなどが行われた。
その過程で凶暴な性格に変貌してしまい、X-13研究施設の職員が殺されてしまったようだ。
おそらくその後にビッグ・エンプティから脱出してモハビにまで生息範囲を広めたと思われる。

関連用語について
コメントを投稿する
5268



ページ上部に戻る