Attack on

更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
Side

コメント一覧(10)

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
10.名無しさん2022年11月04日 03時46分
感想

先日、イベント帰り時にワークショップを開いた先に高レベルプレイヤーに暗殺されて、溜め込んでいたジャンクを全て奪われた。
反撃をしかけたがいくら攻撃してもほとんどダメージを与えられない。勝てるはずもないから不満を溜め込みつつ諦めた。
おかげでワークショップはこういうものかと理解した。

9.名無しさん2021年09月08日 15時49分
感想

正直これのせいでただでさえ趣味の範疇なワークショップ維持をパブ鯖でやる利点が薄い
頻繁に報酬のしょっぱいDefendで呼び戻される上に、先述の通り防衛側が一方的に奇襲を受けやすいシステムなんでどのタイミングで襲われるかわかったもんじゃない
NWの次に何かしらシステム削除されるかデカいテコ入れあるならこの辺だと思ってるけど、商売的には1stへの誘導にもなってるだろうし望み薄……?

8.名無しさん2021年09月08日 15時07分
感想

先日、ワークショップを離れている時に仕掛けられた。
ステルスボーイを使って攻撃者に気づかれずに暗殺・奪回したが、自分の入っていたパブリックチームに攻撃者が参加、チームメイトへのFTであっさり接近され、目の前でチーム脱退からの瞬殺。敢えなく再度奪われることになった。
やられた時、一瞬ポカンとして、その後しばらく笑いが止まらなかった。そういう手があったか。結局ダルかったのでリスポーンしないでリログした。
もしワークショップを奪い返そうと思っているなら、パブリックチームは抜けておいた方がいい。

7.名無しさん2020年08月07日 16時46分
感想

>>6 私は4ではないが
奪われる側にまず勝ち目はない の前の文章をよく読んでほしい ちゃんと理由があるから結論とは存在するのだ
ようするにそれはただの準備不足だ

6.このコメントはNG投票で非表示になりました。
クリックして表示
5.名無しさん2020年03月17日 10時09分
感想
4.名無しさん2020年03月17日 08時23分
感想

大抵の場合、攻撃者はワークショップファストトラベル可能になるDefendのタイミングでやってきて、Defendが終わった瞬間にワークショップを奪いにかかってくるので、Defend中に見知らぬプレイヤーがいる際は要注意。

ぶっちゃけ現環境では、自分がワークショップないないタイミングでAttack onが発生したことがない

3.名無しさん2019年08月06日 02時56分

大抵の場合、奪取する側は血濡れ+ステルスなど完全にガチガチにビルドと装備を整えてきており、さらに奪取するタイミングも掌握しているので、奪われる側にまず勝ち目はない。
リスポーンした後なら話は別だが、余程の自信がなければ取り返す気力も残らない。

要は所有者が問答無用でワークショップキャップを奪い取られるクエストである。

2.名無しさん2018年11月29日 01時29分
感想

ワークショップの持ち主をセッションブロックし、居場所を特定されないようにする人もいるようだ。
この場合、誰が奪おうとしてるのかも分かりづらくなるため、こちらからセッションブロックするのは困難となる。

仕様的には全く問題のない、むしろがっつりPvP対策をするならありとは思われるが、個人的にはモヤモヤするものがある。

1.名無しさん2018年11月25日 13時16分

取得したワークショップに他プレイヤーがアクセスし、奪取中の状態になると発生するサブクエスト
実際のクエスト名はAttack on~の後に対象となっているワークショップ名が入っている。
ワークショップの奪取を阻止し、占有しようとしているプレイヤーを倒せばクリア。
奪取に失敗した場合は目標が奪われたワークショップを取り返す旨の内容に更新される。
 
このクエストの存在の関係で、奪取状態になるとワークショップ所持プレイヤーはすぐに奪われそうになっている事を察知する事ができる。
なお、平和主義モードがオンの状態だと奪取状態のプレイヤーにダメージが入らないので、あらかじめ外しておくのを忘れないように。

5458



ページ上部に戻る