.45口径弾

別名称一覧:
  • .45
  • 45口径弾
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
17.名無しさん2020年09月08日 10時33分
感想

辞書、警察及び自衛隊の書類、複数のミリタリー誌、ビデオの統計。

読みは45口径(よんじゅうごこうけい)でほぼ共通。古い資料だと、英語っぽく.45口径(てんよんごこうけい)って言う場合もあった。
和訳ではなく日本語として扱うなら、読みは45口径が確実。

表記は45口径と.45口径が散在。自衛隊は.38口径。警察は38口径だった。
どちらでも正しく、大砲の口径と銃身の口径で誤認を防ぐために軍では.を省略しない表記が主流みたい。

銃弾の名称の場合は.38ACPとか.308Winchesterが寸法ではなく名称なので、表記の場合.の省略はゼロ。

16.名無しさん2020年09月08日 07時58分

>>14
.50 Caliberなど英語圏は0.50インチという表現を略した.50になるが、日本で銃用語の口径を指す場合「口径」という独立した単位になるためドットは必要無い。Caliberも口径と訳されるため混乱するが、英語のCaliberは単位ではない(前述の通り単位はインチ)。

15.名無しさん2020年09月07日 15時43分
感想

>>14
略されても意味が通じるということは恐らく省略の際に.45がcaliberを格納して意味を包摂してるのではないかな
.45acpとか.50bmgの表記がある以上.〇〇は口径の意味を含む符丁なのだと思う

銃文化の無い日本において翻訳で口径がついてしまうのは一種の親切心からきた蛇足なのだろうか

間違ってたらどうしよう

14.名無しさん2020年09月07日 14時55分
感想

>>12
.45 RoundはCaliberが略されているだけで、.45の言葉だけで口径まで含むとは思わないけど。
.50口径球は英語表記で.50 Caliber Ball(.50 口径 弾丸)ってなってるんだし、日常でも「.44弾薬」とか記述されている文章は見たことがない。

13.名無しさん2020年09月07日 08時50分

>>3
戦闘用ドラッグキメたバーサーカー相手だから
一発当てた程度ではバイタルパートにでも当たらない限り無力化できないからね
実際は諸説あり戦闘の緊張感で抑々当たっていなかったのではとも言われている

12.名無しさん2020年09月07日 04時08分
実銃武器

ちなみに45口径は0.45インチの弾薬という意味であり、「.45」ですでに45口径の意味になるため「.45口径」は表記としては誤りである。5.56口径弾の表記がある手前些細な話であるが。

11.名無しさん2020年05月20日 12時11分

監督官の家作業台の近くにある時があるので写真撮影の依頼を受けるときついでに確認してみよう

10.名無しさん2020年03月09日 07時53分
感想

使わないからよく自販機に入れてるけど結構な頻度で売れる
使わない人は売ってみては?

9.名無しさん2020年01月30日 18時03分

パイロンV-13に固定でダンボールの中に3ほど入っている。
必要な人は取りに寄ってみるのも良いかもしれない

8.名無しさん2019年10月08日 12時07分

亜音速なので9mmのようにわざわざサブソニック用意しないで済むので
サプレッサーとの相性も良い

7.名無しさん2019年10月08日 11時13分
感想

弾薬箱から入手できる量が増えた?
多いときは40発近く入っているときもあり、十分に強化した武器なら拾い集めた弾薬だけで赤字にならないことも増えてきた。

6.名無しさん2019年07月08日 05時12分

NWではパイプリボルバーコンバット(オート、スナイパー)、オートラジウム、サブマシンガンレバーアクションスコープ有り、無し)と.45口径弾を使用する武器が多く、武器と弾薬がセットになってるので補給できる機会がほかの武器と比べてかなり多い
武器がこれだけあるということはほかのプレイヤーが持ってる確率も高く、基本的に.45口径武器メインなら弾薬に困ることはあまりないといえるので、メインにしろサブにしろ武器を1つは確保しておくといいだろう

5.名無しさん2019年05月21日 13時24分
実銃武器

モデルは恐らく大口径信奉の根強いアメリカで大人気の.45ACP
欧州の銃器メーカーがアメリカでの販売用に.45ACP専用バリエーションモデルを用意するくらいに愛用されている弾丸である
弾丸の速度差を考慮すると9mm弾と運動エネルギーに大差はないが、弾頭重量重さによりマンストッピングパワーが高い
反面貫通力に欠ける、9mm弾より装数が少なくなる、反動が大きい等の理由により、現在は9mm弾や.40S&Wが勢力を伸ばしつつある

4.名無しさん2019年03月09日 13時29分

フルオートに使われる事が多いだが製作数は最大21発ずつのため枯渇しがち。

作業台を見かけたらジャンクにするぐらいの頻度でマメな補充を心掛けよう

3.名無しさん2019年03月09日 12時56分
実銃武器

歴史はかなり古く、1898年の米墨戦争で.38口径弾ロンコルトリボルバー用の方)が力不足だったのを受けて
1905年にリボルバー用の.45ロンコルトを自動拳銃用に
かのジョン・ブローニング氏の手によって改良して生み出された弾薬である。
それから6年後、これまたブローニング氏によってアメリカの象徴とも言えるM1911ガバメントが生み出されて以来、世界的に普及している銃弾でもある。
ちなみにあくまで自動拳銃用に作られている為リボルバーには適さない
リムの部分が小さくてシリンダー内で固定されずに雷管を叩かずに不発になりやすい)が、
ww2にはガバメントの生産量が足りずに急遽作り出した.45を使用するリボルバー(映画レイダース主人公インディ・ジョーンズが使用していた銃)で使用する為に
シリンダーにを固定する為のクリップを開発して無理理使っていた歴史がある。
本作パイプリボルバーもそのクリップを使用しているが故に、
リロード速度も速いのだ。
…他のリボルバーも同じモーションだって?気にしてはいけない。

2.名無しさん2018年12月06日 10時14分
感想

序盤は余る印象が強いが、メイン武器で実用するには数が足りず、制作が必要。

関連用語について
コメントを投稿する
5446



ページ上部に戻る