鱗状の皮膚

別名称一覧:
  • Scaly Skin
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
変異
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
10.名無しさん2020年07月30日 08時25分
感想
9.名無しさん2019年06月27日 08時54分

>>7
少なくとも自分のデータではPA有無でDRERの変化はあった。(効果が消滅している状態は見られなかった。)
(PAシャーシのみ D110 E110)
(PAシャーシなし D50 E50 )

8.名無しさん2019年05月21日 02時27分
感想

鱗癬を羅患する人は一日に7000~10000kcal消費すると言われている。
もし元ネタ鱗癬だとするとこういった症状も取り入れた表現なのだろうか……
ちなみに常人が南極で一日を過ごすのに必要なカロリーも同等である。

7.名無しさん2019年05月20日 23時23分

防御上昇効果はパワーアーマーを装備時は無効になってしまう模様
パワーアーマー常用プレイではデメリットのみになってしまう。

6.名無しさん2019年03月18日 19時25分
感想

鱗癬は遺伝子疾患でもあるため冗談と笑えないのが怖いところ。
一日に凄まじいカロリーを消費し、毎日の膚薬の塗も欠かせない。
また、臓器にも疾患を抱えることにもなるため非常に辛い病気でもある。

5.名無しさん2019年01月14日 00時48分

V.A.T.S.を頻繁に使う、長距離走り続ける、重量制限で移動にAPを消費する状態といったプレイスタイルの場合は、AP-50のデメリットが目立ってしまう。
Class Freak(デメリット減)やAgiを上げる(Agi1につき最大AP+10)、装備に軽量化を付ける(最大AP+5)などで補っていこう。

4.名無しさん2018年12月21日 13時08分
3.名無しさん2018年12月21日 07時13分

元ネタは現実の難病である鱗癬だろう
膚表面角質が硬く鱗のようになり剥がれ落ちるという恐ろしい病気である
膚が機能しなくなるため、体温調節が難しく常に傷口が開いてるような状況のようだ
遺伝子異常によって発症するそうだが、防御力が上がるくらい硬くなるのはFEVでも影響してるんだろうか?
現実では根本的な治療方法は未だ無い…

2.名無しさん2018年12月20日 19時06分
ネタ

見た目上の変化はない。アルゴニアンになりたかったなぁ。

1.名無しさん2018年12月20日 18時50分

実弾、エネルギー防御に+50のボーナスが得られる防御変異
レベル帯でも高品質な防具1箇所分に相当する程度の数値であり、低レベルではもちろん高レベル帯でも十分に有用である。
デメリットはAPが-50もされてしまうことで、ClassFreakで軽減しない限りAPを使った行動が大きく制限されてしまう。
この状態でヘドロ肺などのAP低下の病気を喰らうと実質APが0となりやすく、VATSダッシュが行えなくなる(ジャンプは可)。

関連用語について
コメントを投稿する
6277



ページ上部に戻る