技術博物館

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
ロケーションマップ登録ロケーション
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
7.名無しさん2020年11月29日 00時02分

入って左の階段を上がったところにはアメリカ国旗が掛けられており、ここでアンカレッジ解放作戦のさ中に「エボン・アトール」という巡洋艦が味方の潜水艦から誤射されて沈没した、という逸話を読める。
エボン・アトール(Ebon Atoll)はマーシャル諸島共和国の環礁の一つだが
Ebon→Ebony→黒檀(Black、Obsidian)
Atoll→環礁、つまり島(Isle)
と解釈する事で、Ebon AtollはBlack Isleスタジオ(旧作Falloutの開発会社)の事を指しているのではないか?とファンの間で推測されている。

ちなみにBlack Isleスタジオは親会社であるInterplayのリストラによって2003年に閉鎖された。味方による沈没…

6.名無しさん2020年01月22日 16時16分

アポロではなくヴァルゴ計画という全く異なる計画でに到達している

60年代から地味にこの世界とは経てきた歴史が異なるようだ

5.名無しさん2016年07月09日 15時10分

ここで展示されている着陸船は現実世界でソビエトアメリカ
対抗し設計していたLunniy Korablに酷似している

4.名無しさん2016年07月05日 21時22分

ポスターに描かれている面探査船やプラネタリウムは3で実際に見ることが出来る。
同じくポスターに書かれているとおり、Vaultでの暮らしを紹介する特設展示もあり、
こちらは音声ガイド付き。
戦前Vault-tecの活動を垣間見ることが出来る興味深いロケーションだった。

3.名無しさん2016年06月30日 13時43分

一部の101のアイツ中国軍アサルトライフルユニークであるクサンロング・アサルトライフルの為に潜入したのではないのだろうか
そして、入手したクサンロングを終盤どころかDLCまで持って行き文字通り愛銃にした101のアイツも少なくないはずだ

2.名無しさん2016年06月30日 12時51分

館内の展示物はそのほとんどが朽ちたり壊れたりしているが、それでも一部は残っているのである程度楽しむことができる。
ステルスボーイなんかはそのまま持っていくことも可能。

X1.名無しさん2016年06月25日 18時34分
fo4,76
1.名無しさん2016年06月25日 18時33分

本作に登場するロケーション
スミソニアン協会の航空宇宙博物館が元ネタの博物館で、事前情報無しでメインクエストを通るなら、必ず向かうことになるロケーションFalloutの世界観を知る上では、見ておきたいロケーションでもある。

Fallout4では、ここのポスターが登場。また、DLC:Contraptions Workshopで追加されたポスター(クラフト)にも、ここのポスターが作成できる

関連用語について
コメントを投稿する
3100



ページ上部に戻る