ハーバート"冒険野郎"ダッシュウッド

別名称一覧:
  • ハーバード「冒険野郎」ダッシュウッド
  • ハーバート冒険野郎ダッシュウッド
  • ハーバート「冒険野郎」ダッシュウッド
  • ダッシュウッド
  • 冒険野郎
  • ハーバート・ダッシュウッド
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
17.名無しさん2021年08月25日 14時31分

>>15
周回した方が手っ取り早いと思うが、「確認してくれてありがとう」くらいで思い出話を長々してくれたりはしない。
アイツラジオの朗読劇で語られる冒険譚を全部聴いてくれてる前提で、改めて話す様な秘話はないらしい。

16.名無しさん2021年08月25日 06時03分
感想

レールロードメンバーだったり、グールにかなり好意的で善人に思えるが、カルマ中立
ロックオーポリスの壊滅の原因(BlackWiddowくらったらしい話もある。ならしょうがないか)でまったく後悔してなかったり、アーガイルの死因だったりと、ロクでもないことしてるのは善人じゃないせいか。

ロックオーポリスの壊滅の原因と知った後は、ロイたちに殺されても心が痛まない。

15.名無しさん2020年12月20日 23時45分

自分、テンペニータワークエスト共存ルートで進めてたんですけど、まさかああなるとは思わなくてダッシュウッドさんにアーガイル報告ができない状況になってしまったんですよね..
すごい会いたかった人物だったのに...
できればアーガイルのことを報告するとどのような会話ができるのか、細かいとこまでそのままの文で教えていただきたいです。

14.名無しさん2020年06月11日 21時20分

>>13
ロボブレインの声を聞いて「セクシー姉ちゃん」と勘違いして不用意に近づき脳天に一発食らった経験があるなど地味にスケベな男であった。

13.名無しさん2019年09月22日 14時17分

現役時代はかなりの女好きであったことでも有名で、旅先で様々な女性とアバンチュールを展開したらしく、冒険譚を彩る定番の一つになっているほどらしい
しかし、ゲーム中で聞ける冒険譚の章では、この悪癖が大きな仇となってしまう…

9.名無しさん2017年06月30日 01時33分

 ちなみに、GNRで聞くことができる彼の冒険だが、日本語版では、声優の勝杏里氏の一人芝居である。
 それも、某コンバットな越前の様な悲惨な状況ではなく、見事な演じ分けを聴くことができる。やっぱり、声優ってすごい。

8.名無しさん2017年06月14日 03時40分
6.名無しさん2016年08月04日 04時38分

ちなみに、「冒険野郎」とついているだけあってかNPCとしては強い方だったりする。

5.名無しさん2016年03月21日 09時30分

ウェイストランドを股にかける冒険野郎だった頃の相棒はアーガイルというグールであった(とある事件の際に死別している)。
多くのウェイストランド人から人間外とみなされる存在に対しても寛容なのは、この頃の経験によるものもあるかも知れない。

4.名無しさん2016年03月20日 20時29分

設定上では何度も女性関係で死にかける、本編ではおそらく最もヌカランで吹き飛ばされたネームドであろう性格がフェラルアイツを引き入れるなど結構なトラブルメーカーである
どうもレールロード達は詰めが甘いというか、運もそれ以上に悪いというか…TESならウッドエルフのようなポジションである

3.名無しさん2016年03月20日 20時03分

彼はキャピタルのある場所に住んでおり、助けを求めるグールたちもその住居に住まわせてやったらどうかと語っている
そして彼の意見を聞き入れてグールを住まわせてやると彼を含めた元からの全住人が身包みを剥がされて殺され地下に打ち棄てられる最後を遂げる
救う心は大切だが相手のことをよく知らずに救おうとすれば自身のみならず他人まで巻き込み破滅することを教えてくれた老人でもある

2.名無しさん2016年02月11日 16時37分

主要ラジオ局、GNRで彼の冒険についての話が聞ける。
ウェイストランドを長年旅している老爺。
人造人間クエストThe Replicated Man関連でないと彼がレールロードであることを
明かしてくれないので、彼がレールロードの一員であるというのが非常にわかりにくい。

1.名無しさん2016年02月11日 16時37分

レールロードメンバー
連邦インスティチュートから逃げ出した人造人間ハークネスの逃亡を手助けした。
彼の会話内容から、キャピタル・ウェイストランドにもインスティチュート
エージェントが来ているので、レールロードの活動を停止していることがわかる。
(つまりエージェントであるジマー達が去った後活動を再開している?)

関連用語について
コメントを投稿する
379



ページ上部に戻る