Dr.ボロス

Old World Blues
別名称一覧:
  • ボロス
  • Drボロス
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
3.名無しさん2020年07月27日 15時25分
感想

イスクール時代にベッツィ・ブライトと言う女子生徒をダンスパーティーに誘うも断られ更にベッツィはボロスをいじめた張本人であろうリッチー・マーカスと遊んでいた事が彼のトラウマになっている。

彼の試験施設はボロス自身が校長を務める学校をイメージした場所となっており自分を蔑んだ者達への恨みがひしひしと伝わってくる

2.名無しさん2018年12月09日 20時20分

嫌味ったらしい尊大な態度はクラインと似たり寄ったりだがどこまでも冷静で論理的な彼とは違いボロスはトラウマを刺激されると興奮して言動が支離滅裂になったり、自分で実験台にしておきながらゲイブとの思い出を語り始めるなどやや狂気的な部分が強調される。
運び屋によってある物を手渡された彼は人間性を取り戻し、生命を弄ぶことではなく生命を育む研究に打ち込みたいと静かに語る。全てが終わった後に彼のもとを訪ねると早速その育まれた生命達からのおすそ分けを渡してくれる。

1.名無しさん2018年12月09日 02時37分

戦前の科学者で、シンク・タンクの一員。芝居がかった尊大な口調をしていて自分の研究に絶対の自信を持っているナルシスト。
専攻分野は本人曰く動物学、猛獣学、遺伝子組み換え技術に関する研究でカサドレスナイトストーカーと言った危険なアボミネーションは彼のDNA実験で生まれた。

人間だった頃にアメリカン高校を首席で卒業した事を自慢しているが
そこで同級生のいじめの標的にされていたようであり、深いトラウマになっている事がビッグマウンテンのとある場所に現れている。

家でもあったようでゲイブと言う名前のを飼っていた
高校での苦い体験の慰みとなりビッグマウンテンで研究を始めてからも敷地内の住居で共に暮らし深く愛していたのだが、ある時どう言うわけか自らの研究の実験台にすると言う常軌を逸した行いをしてしまっている。

さらに自分の作り出したカサドレスナイトストーカービッグマウンテンを抜け出し、外のモハビで繁殖していることを運び屋に指摘されても自分の管理下では絶対にありえない事だと頑なに認めようとしない等
自身の研究の倫理観や危険性に対しては異常に無頓着で、シンク・タンクメンバーの中では最もマッドサイエンティストな気質を持っている。

関連用語について
コメントを投稿する
5805



ページ上部に戻る