That Sinking Feeling

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2020年04月02日 20時19分

カルト記事?C.H.マンスリー1号を読むと開始されるシープスカッチ関連のクエスト
この記事は何ヶ所か同じ物が置いてあるらしいがルイスバーグの空中園で確認。

大まかな流れは以下の通り。
スクートの小屋に行く→
ターミナルの研究ノートの謎掛けを解く(MARI1117)→
沈んだ協会へ行く→
残された日記を読む→

2.名無しさん2020年04月02日 22時02分
感想

クエストのラストでとあるメモを読むことになるが普段文章を読まない方も是非読んでみてほしい。
個人的にかなり凝った演出だと思った

3.名無しさん2020年04月02日 23時02分

本イベントに登場する「スクート」なる人物は、あの「カルビン・バン・ロー」の友人、あるいは元友人だった人物である。

カルビンとスクート、そしてもう1人レイという人物は、高校時代頃から「真実の探求者」というサークル活動を行っていた。ようは「UMA探求クラブ」である。
このサークルはカルビンVault-Tec大学に入学し、サークルに参加しなくなった頃から活動の頻度が減ってしまう。カルビンが大学を卒業する頃には実質休止しているも同然の状態だったらしい。

スクートはそのことをカルビンが大学に入学し、自分たちから離れていったせいだと考えたらしく、ある種の学歴コンプレックスを発症。レイが2076年に「シェルビー(Queen of the Huntを受注できる狩人の小屋で活動していたVault-Tec大学生)」をサークルに紹介した時は、Vault-Tec大学の人間であるというだけで拒絶反応を示したほどであった。

4.名無しさん2020年04月02日 23時17分
感想
関連用語について
コメントを投稿する
8967