リペレントスティック

別名称一覧:
  • Repellent stick
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
Melee WeaponBlunt
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
12.名無しさん2021年04月09日 11時26分
感想

武器として使うのではなく板の地面側に塗りつけとけば
中々優秀なんじゃないのか?
少なくともサソリだけ心配すれば良くなる

11.名無しさん2019年08月16日 22時36分
MOD

PC版でなら自分でミクさんの服を導入あるいは作成し、髪型や顔を変えて髪色を水色にし、これを装備することで一応初音ミクになりきるプレイができる。
問題はそのワンシーンを撮るためにはめちゃくちゃめんどくさいってわけで。

10.名無しさん2018年12月09日 13時57分
感想

なお、モールラット以外の相手にはゴミ以下の性能である。
気になる人はこれでデスクロー先生とタイマンを張ってみてはいかがだろうか?

9.名無しさん2017年10月05日 04時49分
fo4,76

モールラットの爆死を嫌がったモイラ氏が封印破棄したのかは不明だが、残念ながら連邦では流通していない。
連邦では発光やら子持ちやらの上位種が多く、時には入植者の10倍20倍のレベルモールラットも出るのでコレが流通すれば下水等を安全にできたと思うのだが、残念である。
因みに徹底的に試験(オプション達成)した後、性能を皮肉で報告すると
101「爆発性のモールラットみたいだ。装填していいか?人を撃つために?」
モイラ氏「酷いわ、なんてこと言うの!」
と泣き出してしまう。
モイラさんの人格が現れる会話である。

8.名無しさん2017年10月03日 20時47分

実際は下手に取り上げられてイベが進まないとかのバグ防止だったのだろうが
101のアイツからしてみれば只の棒だから取り上げられ無かったのかと
色々勘繰りたくなる代物である。

尚、Meleeスキルを極めると単発威力が5となるが、これは豆砲で知られる
中国軍ピストルより強い為、近接武器が好みのプレイヤーからすると
武器が軒並み没収される一部DLCの為に持ち込む価値が出てくるとか

7.名無しさん2017年04月22日 23時45分
ネタ

 イベントアイテムの所以かモイラに報告するまでイベントリから回収されないアイテムだったりする。
 特にPittに行った際やエイリアンにキャトラれ目覚めたあとPip-boyを開くと何故かリペレントスティックが…

101「ちくわ…もとい、ネギしか持ってねえ」

6.名無しさん2017年04月22日 17時15分

モイラさんの認識
防鼠棒(×)
101のアイツの認識
殺鼠棒(○)

殺鼠剤だけでなくジェットやらサイコやらも塗られていた模様。(報酬が化合物の余り=ジェットサイコ)
そりゃあモールラットだって爆死しますわな(Simらし感)

5.名無しさん2017年04月20日 12時27分

通称、殺人ネギ。
の棒の先っちょに緑色の怪しい殺鼠剤を塗ったくっただけの単純な武器?シンプルイズザベストを地で行くアメリカ製品の系譜を受け継いだものといっても過言ではない。
モールラットの肉の販売を生業にしていた101はコイツを大事にしていたやつもいるだろう。ひょっとしたら人間にも効果あるのだろうか…初期の頃はコイツでぶち殺したモールラットを売りまくっていたが、殺鼠剤に当たった人がいるとすると申し訳無いことをしたと思う。

4.名無しさん2017年03月15日 02時11分

オプション目標も含め達成するには結構な数のモールラットをシバかねばならないが、クエストマーカーで示されるラットが多数いるスポットレイダーも幾人潜んでおり、武器持ち替えるのも面倒だからとついでとばかりにこんな棒でシバき殺されるレイダーさん達が哀れでならない

3.名無しさん2017年03月15日 00時19分

一発叩くと時間差で頭が爆裂、二発叩くと即爆裂という対モールラット用最終兵器。
モイラ自身はこれほど強烈な効果だとは思っておらず、精々嫌がるくらいかと思っていた模様

2.名無しさん2017年03月13日 23時12分

見た目はまんまボードの先っぽに緑色の液体をぬった感じ
これでペチペチ叩くだけでモールラットの頭がグッチャメチャになる光景が素敵

1.名無しさん2017年03月13日 22時31分

モイラクエストで渡されるの棒
しかし、ただのの棒ではなく、強力な殺鼠剤が塗りつけてあり、それでモールラットを殴ってきてと言われるのだが、殴ってみるとモールラットの頭が破裂する程の効果がある。

日本ではネギと呼ばれている

関連用語について
コメントを投稿する
4115



ページ上部に戻る