現在サイトリニューアル中です。詳しくはお知らせを御覧ください。

軍用レーション

Lonesome Road
別名称一覧:MRE ,レーション登録する別名称のNG投票を行う
作成日:2017年01月25日 19時56分
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年01月25日 19時56分
DLC Lonesome Roadに登場する食べ物。効果はHP+30。
キチンとパックしてある為か、放射能の影響は一切ないのも特徴と言える。

更にハードコアモード(4における新サバイバルに相当)ではHP+10に加え
健康度(空腹)が大幅に回復する効果を誇っていた為、
ディバイドを旅する運び屋にとっては中々有難い現地調達可能な食糧であった。

ちなみに英wiki曰く中身のレシピはボンレスポークチョップらしい
2.名無しさん2017年01月25日 19時56分
お察しの通りアメリカ軍の悪名高き軍用携帯食、MREそのままな一品である。
実物が支給された当初は「食べ物の様な何か」や「エチオピア人に拒否された食べ物」等
散々な言われようだったり、各国軍人がレーション品評会を開催した際に
審査対象ではなくオチとして使われたりと味は相当酷いモノだったが
関係者の努力の末、近年になって多少は改善したとか。

又、アメリカ軍でMREの配備が始まったのは1981年からであり、
1950年代をフィーチャーしたFalloutシリーズにしては、やや未来的なアイテムではある。
ディバイドアメリカ国内にある核ミサイルを配備したミサイル基地なので
新製品が実験的に回されたのかもしれない
3.名無しさん2017年01月25日 20時34分
4.名無しさん2017年01月25日 20時42分
グラフィックから推測するとMRE No.2と呼ばれる種類のレーションなのだが
之は現実にも存在する番号だったりする。
ややこしいことに同じナンバーであっても製造年度によって中身が変わるらしく、
No.2は一時期、CORNED BEEF HASH(コンビーフで作られたハッシュドビーフの事)の事を指していたとか

ちなみにボンレスポークチョップを含むバージョンの中身は以下の通り
・ボンレスポークチョップ(ヌードル入り)
・りんごのスパイスソース漬け
・ベジタブルクラッカー二枚
・パウンドケーキ(チョコミント)
・チーズスプレッド
・粉末ジュース
・粉末コーヒー
・アクセサリーパック(塩、砂糖、マッチ、紙ナプキン、タバスコ等が付属)
5.名無しさん2017年01月29日 16時40分
リアルのMREは複数のメニューが入ってる事もあって、1食あたり約1,200kcalのエネルギーが取れる筈なのだがNVでの回復量はHP+30とかなり低め。

フォールアウト世界の戦前アメリカでは味の改良が行われなかったので
この程度の回復量になってしまったのかもしれない
6.名無しさん2017年02月14日 14時19分
空腹値の回復量の具体的な数値は240~600で、これは全ての食べ物の中で一番高い値である
さらに重量は0.2なので、大抵の食料重さが1であることを考慮すれば重量あたりの栄養補給効率はとても高いことが分かる
同じ性能の、キャラバンの昼食というメニューもあるが、こちらは作るのに戦前食料3つと高性能地雷の材料となるランチボックスが必要な上、重量が2.5と食料にしては重い方なので軍用レーションの方がハードコアモードでは効率的だろう
ただしキャラバンの昼食は食べることで同時に水分の補給にもなったし、味は間違いなくこちらの方が勝っていると思われる

味覚は人それぞれだが、ゴキブリの肉を食べることになるならどうだろうか
7.名無しさん2018年03月21日 23時42分
因みにアメリカ軍の方針としては基本基地でご飯を食べることになってるので味はあまり問題ではないらしい
8.名無しさん2018年07月01日 22時45分
最近はMREもだいぶ旨くなってるらしく、他国のものともひけを取らなくなってきた。超旨いと言うほどではないが自衛隊の戦闘糧食と違って戦場で欲しくなる甘味や粉末ジュースなど食事以外が充実してて大変よい。韓国軍も甘味をレーションに入れてあるのだが自衛隊も最近、チョコレート等を入れようとしているようである。
なおそれ以前のCレーションと呼ばれる詰レーションは切りがどうしても必要であり、付属のP-38切りを認識票のチェーンに吊るしておく、ドラマ「ザ・パシフィック」に出てくるようにKA-BARナイフ銃剣でこじ開ける(しかもこのナイフ類で日本兵の歯を取っていた。一応上層部は不衛生なのとモラルのために禁止していたが前線では無視されていた)などの方法を使って食べなければならないのとで嵩張るため面倒だった。最も荷物の多い空挺部隊は空挺ジャケットを改造してポケットをつけまくってそこに詰やらやらをぶちこんでいた。
兵士にとって嬉しい事に4本入りのタバコミニケースがついていたがベトナム戦争後半になるとベトナム戦争の戦費の圧迫や禁煙活動団体によりタバコはレーションに入れられなくなっていった。しかしこのせいでベトコンが大麻やヘロインなどを米兵に売り付ける事が増えて薬害汚染が深刻化した。嗜好の他にもタバコ兵士たちの代用通貨、要するに吸いたいタバコの銘柄を交換したり喫煙しない兵士タバコやるからデザートのケーキくれといった風に物々交換などが出来て非常に有益だった。レーションのタバコの銘柄はキャメルラッキーストライク、ニューポートなど。ラッキーストライクは本来縁起の良い名前とロゴなのだがそのせいで兵士に嫌われていた。タバコが同封されなくなってもマッチだけは今でも生き残ってたりする。
ちなみに初期型M60の給不良対策のためにメインメニューの詰が用いられていた。
なお詰の頃から砂糖や塩、タバスコなどの調味料は入っていた。なので割りと現在のメニューでは持て余されている。今のMREは予想外にも美味しいらしいのでぜひ食べてみたいものだ。しかし、MREの嫌われる原因というのは腹持ちの良さから来る便秘らしい。
関連用語について
・コメントの際は情報の重複を避けるために、現在のページのコメントに目を通してください。
・登場人物や、組織を非難するような書き込みは控えてください。
・「Falloutシリーズ」以外のゲームや、漫画等を元にしたネタコメントは可能な限り控えてください。
・「用語に関する情報」が当サイトのメインです。可能な限り、会話等は控えてください。
・NGで非表示になってるコメントに返信しないでください。
・この用語に記述できる情報量が少なく、独立した用語である必要がないと感じたらページ上部の「ミニ用語として報告」ボタンを押すか
運営ページに報告し、このページへのコメントは控えてください。
名前:


コメント属性:

コメントの際の注意
3960