サバイバリスト

Honest Hearts
別名称一覧:
  • ランダル・ディーン・クラーク
  • 洞窟の父
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
タグを編集する
  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2017年09月29日 23時19分

DLCHonest Hearts」の舞台であるザイオン・バレーの部族民ソローズに「洞窟の父」として信仰されている謎の人物
この名はかつて部族の祖先に彼から密かに与えられた本に「The Father」のサインを記していた為。
一度として姿を現すことはなかったが、ソローズの祖先であるメキシコ系避難民の少年少女達に救いの手を与え、
彼らに危害を加えたVault22の暴徒の大半を殺害し、その後もフェラル・グール等の外敵から守り続けていた。

その正体は最終戦争より約半世紀の間、全てを失い苦悩を続けながらも生きながらえてきた一人の男性であった。

3.名無しさん2017年10月05日 08時15分
4.名無しさん2017年10月12日 11時16分

因みにサバイバリスト、プレッパーズという人々は存在しアメリカの田舎町の辺境で今のこの時間も訓練したりしている。一般的なガンマニアや田舎の猟を趣味としている人たちと違い不気味で排他的なイメージが強い。実際そうなんだが…ホームフロントやバトルフィールドハードラインでは彼らがメインの敵であるミッションがある。

5.名無しさん2017年10月15日 01時07分

>>4 で言及されている現実の方のサバイバリスト・ブレッパーは、銃規制の緩い国や地方で有事に備え過剰に備蓄をする人々のことを指す。生存主義者とも。

サバイバリストはどちらかというと物資全般を、ブレッパーは銃を中心に集める人のことを言う。集めるといっても本当にシャレにならないレベルで、それ専用に大きめの保管庫を作って溜め込んでいるため、不安を感じる近隣住民とのイザコザもあるらしい。

……我らがパパママも黙々とレジェンダリーをかき集めては山のようにワークベンチにしまいこんでいるため、それを見た入植者の胸中は推して知るべしであろう。

6.名無しさん2017年10月15日 13時00分

ソローズは彼を「洞窟の父」と敬い崇め、サバイバリストの生活の痕跡が残る複数の洞窟を立ち入り禁止としているため、
現地をガサ入れすると彼が残したホロテープがありその内容に沿った生活跡が生々しく残っている
痕跡を辿っていくとサバイバリストの亡骸と最後のホロテープがあり、全部通して辿ると一つの映画や小説を終えたような感覚すら覚える
クエストですらないがHonest Heartsにおけるもう一つのメインと言っていいほど濃密
なおサバイバリストは元軍人故にブービートラップの達人故に洞窟に立ち入る際は入念な準備を推奨します

7.名無しさん2017年10月15日 13時15分

上記でも触れられているが、恐ろしい程のトラップの達人であったようで
軍人、しかも特殊部隊所属だったのではとの疑惑も上がっている。
デザートレンジャーコンバットアーマーNCRレンジャーコンバットアーマーユニーク装備)を持っていた事から考えると海兵隊辺りの所属だったのだろうか

その実力は迂闊な運び屋が引っかかるように物陰にプラズマ地雷を置くのは序の口、
本気を出した場合、10ヶ月かけて118人もいた筈のVault22からの遠征部隊の三分の二近くをたった一人で屠り、しかも自分の正体をませなかったという文字通りの怪物である。

8.名無しさん2017年10月15日 14時14分

狙撃とトラップによるゲリラ戦で相手を翻弄する戦いが得意だった模様
奥さんに野原を駆け回るのはやめて欲しいと言われている

9.名無しさん2017年10月15日 23時41分
ネタ

>>5
完全な余談だが、サバイバリスト・ブレッパーについて手軽に知りたい方にオススメと言えるのが
ヌカワールドに登場するブラッドワーム元ネタとも言われる
映画「トレマーズ」に登場する某夫婦だろう

長くなるので詳細は省くが、自宅を核対応のシェルター化しているのは序の口、
他のモンスター映画ではまずない、火力任せにモンスターを射殺する位に銃火器を溜め込んでいるのである

関連用語について
コメントを投稿する
4588