オールド・ベン

別名称一覧:
  • オールドベン
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
フリーサイド
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
3.名無しさん2021年01月15日 16時27分

運び屋
文字通り主人公と同じ運び屋をやっていた時期があるらしい
依頼主には身の危険を感じるような怪し気な連中も多かったため、嫌気が差して引退した


オールド・ベンの父親が経営していた屋で、仕事の手伝いをしていた
しかし、ある日現れた新顔の同業者が相場よりも遥かに安く売り始めたために客をそちらに取られ、経営に行き詰り、最終的に父の死と共に廃業することとなった
ベンは父と共に「あの安いは怪しい」と警告していたが相手にされず、後に安いの正体が人肉であることが判明して大問題になったという

カジノの呼び込み
ストリップ地区に進出してから就いた仕事
ザ・トップスの興行の呼び込み・客引きとして雇われチェアメンの一員となり、カジノ内のホテルに部屋を与えられるほど出世したらしい
しかし、ある時親しい間柄でもなかったという女性マネージャーに気に入られてしまい、ベンに嫉妬していた人物に弁解の余地もないほど完璧に売上盗難の濡れ衣を着せられ、評判は地に落ちて築き上げた地位も財産も全て剥奪され、フリーサイドへと追放された

※エスコート
客の案内もしつつベッドで身体を売る一種の娼夫で、本人曰く「生粋の売春夫よりはマシ」
上述の悪評から仕事を選べなかったため、とりあえず生きていくために始めたという
そのテクで客からの評判は上々だったらしく、それなりに稼ぎはあったが、身体を売る自身が生き汚く見えて次第に嫌気が差し、ある程度が溜まった時点で辞めた

傭兵
購入した銃とピストルベルト、これまでの経験で培った戦闘技術を活かして就いた仕事
有り体に言えば雇われボディガードで、一応真っ当な仕事ではあったので心穏やかに勤めることが出来たとのことで、気付けば悪評も消え失せていたほどに活躍したらしい
10年ほど勤め上げて引退し、その後は貯めたで悠々自適なガイド生活を送り今に至る

2.名無しさん2021年01月14日 11時04分

初めてストリップ地区のゲート付近に近付く際必ず話し掛けようと近寄ってきてどうでも良い話をされて数秒のタイムロスに繋がるからとRTA勢からは割とウザがられている

1.名無しさん2021年01月14日 04時21分

ストリップ地区のゲート前でガイドをしている男。
温厚で落ち着きのある語り口調に、ダンディさが滲み出た素敵なオジサマ。
ストリップ地区とフリーサイドで様々な職業を転々としながら紆余曲折の人生を歩んできた人物で、フリーサイドではある種の名物にもなっている有名人の一人。
屋の息子に始まって運び屋カジノの呼び込み、エスコート、傭兵、ガイド…と、出世と零落を繰り返しながら今の立場に収まったらしい。
とあるクエストでの選択肢次第では、その豊富な人生経験を買った運び屋の誘いでアトミック・ラングラーに転職することとなり、彼の経歴にまた一つ逸話が加わる。

関連用語
現在関連用語無しです。
関連用語について
コメントを投稿する
11946



ページ上部に戻る