AVRメディカルセンター

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
森林地帯
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2020年01月18日 00時15分

チャールストンの西側に存在する病院施設。メインクエスト「An Ounce of Prevention」で訪れることになる。
ターミナルのログによれば、少なくとも最終戦争直後は病院施設として稼働しており、助けを求めて訪れた近隣の人々を受け入れていたらしい。しかし現在はすっかり荒れ果ててしまっており、に穴が空いている箇所などもある。
レスポンダーリーダーであるマリア・チャベスがここを訪れた際のホロテープが施設内に残されており、それによると彼女の母親はここで働いていたようだ。

レスポンダークレア・ハドソン医師はここの施設を使って対スコーチ病のワクチン開発を行っていたが、レスポンダーの壊滅までに間に合わすことはできなかった。彼女の仕事を引き継いでワクチンを完成させるのが「An Ounce of Prevention」の内容となる。
地下の彼女の研究室には写真立てが置いてあり、そこには在りし日のレスポンダーのメンバーたちであろう人々の姿が写っている。誰が誰なのかを想像してみるのも面白い。

遭遇する敵についてだが、内部はどこもスコーチの巣窟と化している。メインクエストで用事があるのは地下の研究室だけなので、一階のスコーチを掃討したら階段を使うなり、に空いた穴から落ちるなりして早々と地下に向かうと良いだろう。
しかし、実はこの施設は地上3階、地下1階とかなり大規模な造りとなっており、ジャンク医薬品雑誌ボブルヘッドなどを回収することができる。気が向いたら探索してみてはいかがだろうか。
2階にはキーパッドで施錠された部屋があるが、入るためのコードは3階で入手可能だ。

関連用語について
コメントを投稿する
8749