コリン・モリアティ

別名称一覧:
  • コリンモリアティ
  • モリアティ
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
メガトンの住人
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2017年05月02日 17時56分

ワイルド&ダーティを地で行く風貌のおっさん
メガトンで酒場を経営しており、町の情報通として知られる
メガトンの「裏の支配者」を自称しており、彼のターミナルなどを覗くとあながち嘘ではないことが分かる
奴隷商人から購入したグールゴブバーテンとしてこき使い、にどこまでも汚い悪党だが、どうも根っからというわけではない模様

主人公の父親ジェームズとは顔見知りで、Vaultを出て最初にメガトンに到達した場合、父親の行先に関する初の有力な情報をくれる人…なのだが、やはりキャップを要求される上、周回プレイで情報を把握している101からは、無視された挙句溜め込んでいる金庫キャップも持って行かれてしまう可哀想な人

2.名無しさん2017年05月04日 03時57分

端的に「カルマ中立」のウェイストランド人を表したキャラ。
第一印象はかなり悪くには汚いが、全くの薄情というわけでもない。
その第一印象が原因でプレイヤー間でも評価が非常に別れやすいキャラではあるが…。

分かりやすいのが、ゴブ死亡した場合悲しみに暮れるという一面を持つ

なおモリアティが死亡した場合、ゴブは店を乗っ取る模様。

3.名無しさん2017年05月04日 12時44分

経営している店はかつて彼の父親の物だったが、14歳の時にメガトンレイダー襲撃を受けた際に死亡、生きる為店を引き継ぐ事になった。

101の親父ジェームズ浄化施設で散った後話し掛けても
「親父は見つかったか?まぁ一杯飲んでいけよ」
と声を掛けてくれるも死んだ事を伝えられる選択肢は出ない・・・。

4.名無しさん2017年05月09日 05時13分

どうやら若い頃はウェイストランドを旅していたこともあるようで、
現役時代のハーバート・ダッシュウッドとも面識がある
彼にモリアティのことを聞くと、「あの小僧も立派になった」と嬉しそうに言う

6.名無しさん2017年05月28日 23時59分

ハーバート・ダッシュウッドターミナルには彼がアイルランドからやってきた人物であることが記されている。作中で直接見ることはできないが、最終戦争後の世界にもヨーロッパからアメリカへ渡航する手段は存在しているようだ。

7.名無しさん2017年05月30日 01時44分

初回の会話時と、暫く冒険を進めた後(メインクエスト後半)では大きく印象が変わる人物。

初回時はそれまでプレイヤーが得ていた情報とは食い違うような発言をしているような印象を受ける上、銭ないしお使いクエストを要求してくるので
「こいつはこの世紀末世界を表現する信用できない悪党なんだな」的なキャラクター

が、旅をしてウェイストランドを知り、父に再会して過去の真相を知ると
実はモリアティの言っていた情報は正確なものであり、情報料(ないし労働)に対する対価はしっかり提供していた事がわかる。
上記の通りにお世辞にも善人とは程遠いが、彼のカルマが中立扱いな事にも納得できるだろう。

9.名無しさん2018年06月28日 23時56分
感想

ターミナルに記述されている人の弱みも、相手を強請ってをせしめるというよりは、安全確保が理由に見えてくる。
若くして父を亡くし、騙されて損をしても騙された方が悪い、やられたなら泣き寝入りかをぶち込むという理屈が常識なウェイストランドで、何としても生き延びてやるという執念のもと、メガトンを文字通り這いずり回って情報(弱み)を手に入れているのだろう。

11.名無しさん2018年06月30日 10時03分
感想

人間臭いおっさんだというのは分かるんだけどね
最序盤は鬱陶しいから暗殺してたな
ターミナルいじってるところを殺して素早く裏口から外に出ると、敵対されることが割りと少なかった

12.名無しさん2018年06月30日 10時57分

なんだかんだでメガトンに受け入れられてる理由が事を調べていく毎にわかっていくスルメのような男。酒場の店主には中々ピッタリな人。
正義に酔わず、悪に徹さず、ウェイストランドの現実と向き合って生き残った先輩である。

14.名無しさん2018年07月20日 00時05分

>>8
恐らく嫉妬で「今すぐ死ね」などと言っている。モリアティが死んだ場合、ノヴァゴブは結ばれるらしいが…
ジェリコノヴァが好きだからねー…

16.名無しさん2019年06月30日 22時47分
感想

リベットシティで生まれて1年後の色んな声が流れる場面に混じってモリアティの声も入っているのだが、その際に子を引き連れたジェームスにかけた言葉はこうである

"No, no, put that away. This one's on the house. And now a toast. To James and his cheery cherub. May your future be safe, bright, and boring as hell."

日本語にするなら

「そいつは取っとけよ、今日はオゴリにしてやるぜ。さあ乾杯しよう、ジェームスとそのかわいい子の為に、それも将来呆れるくらい平和で退屈でありますように。」

という感じだろう

子を引き連れての旅をしてきた客を迎え入れて無病息災を願って一杯をおごるような人間臭い一面があったのだ
そうしてまた訪れたその子に対して対価は要求しつつも面倒は見てやる辺りはカルマが善でも悪でもない中立としての設定というのも頷ける
しかしながらそう言った背景を知らずに会えばただのイヤミなおっさんになるあたりまさにスルメのような人物だろう

17.名無しさん2019年08月05日 00時05分

ターミナルVERY HARDのロックが掛かっている為最序盤で開ける事は通常プレイではまず出来ない。しかしターミナルの真後ろにVERY EASYの掛かったキャビネット、その中にパスワードがある。親父探しに100キャップを惜しむならこちらを。

ジェームスに関しては、良い奴だが払いはあまり良くないとの事。

関連用語について
コメントを投稿する
4267