クロムウェル聴罪司祭

別名称一覧:
  • クロムウェル
  • クロムウェル贖罪司祭
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
チルドレン・オブ・アトムメガトンの住人
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2016年06月11日 23時45分

メガトンで街の中心にある核爆弾の下で祈りを捧げている人物。
ゲーム開始直後は(ウェイストランドでは珍しくない)ただの変なオッサンだったが、彼の思想に共鳴する者が現れて後にチルドレン・オブ・アトムが誕生する。

2.名無しさん2016年06月15日 19時47分

メガトンの街の成り立ちにおいては功労者でもある。
というのは、彼がメガトンの街が外敵に脅かされないのは街の中心にある
核爆弾が外敵を退けているからだという主張のもとに聖地を維持するための
寄付を募り、信徒らから集まったその寄付が資源となったからである。
町中で賑やかに演説したり汚染水で沐浴したりしているが、決して強引な勧誘は
行わず、自分から話を聞いてきたにも関わらず「イカれてる」と罵声を浴びせる
101に対しても「残念なことです」と言うだけで
特に怒ったりもしないという変な宗教以外は人間の鑑なおじさんであった。
そのため、メガトンの住人からも変わった隣人として容認されていた。

しかし、後日談に当たるDLCで追加されるクエスト内で、
信徒の一人だったマザー・キュリー3世が独断によりメガトンの街に届く
水を汚染して聖水を配るという事件が起きる。
その後、Fallout4では連邦各地で見られる攻撃的なアトム教徒や
ファーハーバーテクタスなど、非常に過激な思想の一派が現れており
彼のやりかたはそうした過激派信徒たちに全く尊重されていない。

本作では上記のファーハーバーに居るアトム教徒たちの会話の中で
ちらっと名前だけ出る程度で、本格的には関わってきていない。

3.名無しさん2016年06月29日 05時57分
fo4,76

一応、Fo4の時点でもメガトンに住んでいるようだが
果たして彼の地でチャイルド・オブ・アトムがどうなっているかは想像に任せるしかない。
公式設定では101がメガトンに定住しているらしいので良くも悪くも彼次第だろう。

4.名無しさん2016年08月12日 16時04分

連邦に来てるチルドレンが漏れなく過激派ばっかりなのを見るに、メガトン爆破や汚染水配を目論みかねない過激派を派遣という名目で厄介払いしてるのかもしれない。
古今東西穏健派は大変である。

6.名無しさん2017年07月27日 11時42分

ちなみにその場にとどまり汚染水に足をつけてる彼をずっと眺めているとRADによって彼は死ぬらしい

7.名無しさん2017年08月12日 18時54分

>>6
むしろその死に様があったから正史としてあるからこその今作CoAのぶっ飛び具合なのかもしれない。

8.名無しさん2018年09月16日 18時46分

メガトンで一番の古株であるマーニャとの会話からわかるが、教団としてのチルドレンオブアトムの誕生時期に彼らとの協力によって街としてのメガトンが作られたのは確かだが、その時期はマーニャの父親が現役だった時代であり、作中ではクロムウェルがCoAの創設者であるという情報は一切出てこないので注意されたし。
設定上マーニャより若く、また「若い頃は放浪していた」というような発言もするので、CoA自体の創設者は別の誰かである可能性が高い。(英wikiでは明確にクロムウェルは創設者ではなく、前任者から祝福を受けて現在の地位に就いたとされている)

>>1 共鳴したものによって「後に」チルドレンオブアトムが作られたのではなくFallout3のゲーム開始時点から教団としてのチルドレンオブアトムは存在しているのでこの時点で誤りであるし、
>>2
「彼がメガトンの街が外敵に脅かされないのは街の中心にある核爆弾が外敵を退けているからだという主張のもとに聖地を維持するための寄付を募り、信徒らから集まったその寄付が資源となったからである。」
という部分はクロムウェルが起こした行動としては作中で一切言及されていない。


ここに限らず過去作品の項目は書き手の解釈が入った曖昧な情報も多いので鵜呑みにせず自らゲームをプレイして確かめたほうが良いだろう。

9.名無しさん2019年05月22日 13時47分

朝から夕方までひたすら演説しているので、必ず頭に残る御仁。
場所が町の中心部なのでなおさら。

「アトムの力を見届けようぞ!」

関連用語について
コメントを投稿する
2838