ラッキー38

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
ロケーションストリップ地区
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
5.名無しさん2020年06月17日 17時30分
感想

>>4
PC版ならロードがあっという間なので上記の理由もあってかなり重宝する家候補となっている。要するにスペックの問題である

4.名無しさん2019年02月27日 20時01分

 メインクエストハウスに面会することで、プレジデンシャル・スイートを住居として使えるようになる。
 豪華な内装に加え、各種設備を追加したり、コンパニオンを住まわせることが可能で、fallout3メガトンハウスのような立ち位置の物件と言える。

 もっとも、ただでさえ時間がかかるロード扉を二回くぐる必要があり、メガトンハウスほどの人気はなかった模様。

3.名無しさん2019年02月23日 18時43分

没となったイエスマンのセリフから、イエスマンルートにてラッキー38に存在するリアクターを起動するイベントがあったことが伺える。

これによりベガスはダムに頼らずとも、自ら必要な電力を供給できるようになり、数年にわたり争いの種となっていたフーバーダムを心置きなく破壊できる運びになる予定だったらしい。

なお、リアクターを起動しストリップ地区がライトアップされる様子をベガス郊外にてイエスマンと共に眺めるロマンチックなイベントもあったようだ。それなんてギャルg(ry

2.名無しさん2019年02月22日 17時15分
感想

首無しゾンビ氏のNV用語集でも指摘されているが、噂する人々と施設関係者(ハウスセキュリトロン達)の発音が異なっている。
何だかFallout4サイト(マママーフィー)と似たものを感じる。

1.名無しさん2019年02月21日 20時11分

ストリップ地区の中央に聳え立つ巨大なタワー型の建造物で、同地を支配するMr.ハウスが己のためだけに用意した牙城
ストリップ地区が形成される以前から存在した同地最古の施設であり、ストリップ地区に住む人々にとっては親しみある象徴でありながら、決して足を踏み入れることの出来ない伝説の聖域として、長きに渡り畏怖の対象となって来た
内部にはMr.ハウスが思いつく限りの趣向を凝らしたハイテクかつ豪勢な設備が敷き詰められており、実際にMr.ハウス以外の生きた存在は誰一人として中に入ったことはない
そして、Mr.ハウスに唯一心より信頼された運び屋がその最初の一人となる

関連用語について
コメントを投稿する
7156



ページ上部に戻る