リバティ・プライム

別名称一覧:
  • リバティプライム
  • Liberty Prime
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
10.名無しさん2020年12月10日 00時57分
感想

凶悪連射のレーザーは直撃1000ダメージに加えてそこそこの爆発範囲の200ダメージ
軽くホイホイ投げつける核は直撃200ダメージに加えて広範囲の爆発で550ダメージ

と言う無茶苦茶なまでの高火力な設定である
こんな設定に意味はあるんだろうか?と言うとある
それは群がるエンクレイブベルチバード達を確実に一蹴するため……ではない
こいつの攻撃に巻き込まれたら間違いなくVault101のアイツと言えども死ぬって事だ

戦いはこいつの後ろから見守っていよう

9.名無しさん2019年08月17日 20時35分

初期構想によるとリバティ・プライムはもっと大型のサイズの予定だったため、孤独な放浪者が頭部に乗り込んで操縦する予定だったようである。
マジンガーZのオマージュだろうか?

ちなみにリバティ・プライムの開発にGOサインを出したのはチェイス将軍。…ジェットでも体験していたのだろうか。
またNewVegasMr.ハウスも開発に深く関与している。ウン、アンタはそりゃ楽しいよね。
まぁ英国面でおなじみの戦時中にヘンな兵器開発は米含む他の国でも普通にあったので、それもモチーフかも知れない

8.名無しさん2019年07月17日 16時09分

高度な自己判断能力・解析能力を有する自律型の無人兵器でもある
機体の中でも人工知能が搭載された頭部はやはり最重要らしく、『Broken Steel』で破壊された時もスクライブたちが「頭部さえ無事なら復元は可能」と述べている

7.名無しさん2019年07月17日 11時38分

上半身と頭は綺麗に残っているため、復元にはそんなに苦労しなかったと思われる(要塞に持ち込まれたのはなぜか頭部のみ)

頭が吹っ飛び、胴体が真っ二つに断裂している点が前作ラスボスフランク・ホリガンを髣髴とさせるが、セルフオマージュだろうか

6.名無しさん2019年03月11日 08時35分

共産主義者撲滅のプロパガンダも勇ましく敵を殲滅していく超兵器。
しかして彼が殲滅するのは戦前政府中枢の生き残りでありアメリカ合衆国正当政府を自認するエンクレイブだったりする。

ベセスダのブラックジョーク、ここに極まれり。

5.名無しさん2019年03月11日 00時30分
fo4,76

任務の障害となる確率・・・ゼロパーセント!
この台詞の頼もしさったらない

ちなみに本作では彼を阻むものは何一つなかったが
4では1か所、30%の障害が発生した

4.名無しさん2019年01月13日 11時51分
ネタ
3.名無しさん2019年01月05日 20時28分
fo4,76

頭部レーザーと投擲核爆弾の火力ばかりに目が行きがちだが、人型だけにそのパワーを活かした格闘攻撃にも目を見張るものがある
今作においては、「Broken Steel」で貫き手で分厚いコンクリートの壁に穴を空けた他、次回作「Fallout4」ではスーパーミュータント・ベヒモスを頭から鷲掴みにし、頭部を握り潰しながら天高く放り投げるという驚異のパワーを見せつけている

2.名無しさん2019年01月05日 20時03分
fo4,76

次回作のFallout 4に比べて
こっちのほうの声が甲高く威圧感と威厳が有り余る感じがする

1.名無しさん2019年01月05日 10時47分

戦前アメリカが当時の最新技術の粋を結集して造り上げた巨大人型決戦兵器
一見すると華奢にも見えるフォルムからは想像も付かないほどのパワーと耐久性、ベルチバードを一撃で粉砕する頭部レーザー、着地点に自身の全高以上の巨大なキノコ雲を高々と発生させるほどの破壊力と範囲を有した投擲核爆弾など、その戦闘力は一人だけ出るゲームを間違えかのような圧倒的な代物
しかし、開発が難航して投入が予定されていたアンカレッジ作戦には間に合わず、結局未完成のまま旧アメリカ国防総省に死蔵され、最後まで日の目を見ることがなかった悲劇の兵器である

しかし戦後人類の文明が崩壊した後でも、運命はこの超兵器がこのまま歴史の闇に埋もれることを良しとはしなかった…

関連用語について
コメントを投稿する
6645



ページ上部に戻る