ハンティングライフル(Nuclear Winter)

Nuclear Winter
別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
3.名無しさん2019年07月26日 16時42分
感想

序盤に手に入る中で唯一まともに遠距離狙撃が出来る武器だったが、強化Parkの調整に加えて何故か個別に強烈な弱体化を受けた。

ただでさえ射速が極めて遅い上にヘッドショットしても大抵の相手は一撃で倒せない程度の威力しか無かったが、その威力が更に低下し、しかも新たに追加された一発撃つたびに相手から目を離さなければならないと言う挙動は遠距離戦では致命的なハンデとなっている。

これにより、得意なはずの遠距離での撃ち合いでは簡単に相手を見失い、上手く頭に当てても回復に追い付けず倒し切るのが困難になると言ういまいち強みの無い存在と化してしまった。

どうやら運営は至近距離でぴょんぴょん跳ねながら乱射する系の他のゲームに憧れているようである。

NWそのものが過疎化しているのも納得と言うべきか。

2.名無しさん2019年07月22日 02時04分
Update情報

パッチ11により装数が1となった
曰く、「DPSに変化は無い」らしいが1発ごとに装填(=スコープの解除)となるため敵の補足が困難になった

1.名無しさん2019年07月07日 16時07分

最低レアリティの小さなから出現する狙撃特化のライフル
ボルトアクション故の連射速度の遅さこそあるものの、長射程かつ高威力なことから、低レアながらも優秀な狙撃銃に仕上がっている
反動は大きいが、どのみち速射出来る武器ではないのでそれほど問題にはならないだろう
現状唯一.308口径弾を使用する銃なため、弾薬入手には再度ハンティングライフルを探さなくてはならない
が、実戦においてはセット入手分を撃ち切る程狙撃の機会に恵まれることは稀なため、そこまで予備弾薬の心配をする必要はない
特に最序盤では敵の出現ポイントがスタート前に事前に把握できるため、移動先を読んでスナイピングで勝負を仕掛けるのも有効な戦術である

狙撃に特化している分、狙撃が有効な長距離以外ではほぼ役に立たない
特にありがちなのが、スタート地点が敵と近く、こちらがこれを拾って相手が連射可能な武器を拾ってしまった場合など
こういった状況に陥ったらさっさと逃げて安全を確保しないと蜂の巣にされること間違いなしである
また、スタート地点によっては初期から複数のクリーチャーが群れて居るエリアもあり、処理が追い付かずに攻撃を受けてしまう危険もある

関連用語について
コメントを投稿する
7931



ページ上部に戻る