Come Fly With Me

別名称は登録されていません。登録する
更新日:
ミニ用語として報告
 
登録タグ一覧
サブクエスト
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
1.名無しさん2018年12月21日 09時36分

遥かなる地を目指す大いなる旅を計画するジェイソン・ブライトをはじめとしたグールたちと、自分をグールだと思い込んだ人間・クリス・ハバーサム、そしてステルスボーイを求めて襲撃してきたデービソン率いるナイトキンたちの思惑が交錯するクエスト
メインクエストから派生するサブクエストで、マニーからベニーの情報を聞き出すために必要になる。が、必須ではなく、マニーターミナルを盗み見たりマニーを男運び屋で口説いたり、はたまたすっ飛ばしてボルダーシティもしくはニューベガスまで行ってしまってもなんの問題もない。そしてこのクエストバグが非常に多く、セーブデータの崩壊などの致命的なものも含んでいることから、スルーされやすいクエストでもある。

しかし、ワーグナー作曲「ワルキューレの騎行」をBGMに迎えるこのクエストエンディングともいうべき場面は、グールたちにどのような結末を用意した運び屋にも最高潮のワクワク感を提供してくれるので、バックアップのセーブデータを用意してでも一度はクリアすべきだろう。

2.名無しさん2018年12月22日 06時47分
感想

クエスト名の元ネタは勿論Frank Sinatraの「Come Fly With Me」。
共に空を飛び、世界中の様々な場所を旅していこうという感じの歌。
発表時の1958年にはまだ始まったばかりで高価であった飛行機旅行を明るく豪華な雰囲気で民衆に伝えたこの曲は大ヒットした。日本でも映画やドラマなどで主題歌として扱われたことがある。

約束の地へと共にロケットで飛んでいくブライト同盟グールたち、とわかりやすいネーミングではあるが、取り残されたクリスはそれはそれで新たな道を選んで進んでいく(事も可能な)ことや、新たなベニーの目撃証言を得た運び屋がまた新たな街へ旅していく、など様々な意味が込められている…のかもしれない。
ロケットで飛んでいく彼らのBGMが「Come Fly With Me」、と考えると中々に希望が見えてくるようでもある。

3.名無しさん2019年01月03日 17時04分

色んな派閥、色んな思いが交錯しているが一つ一つ話を聞いてクエストを解決することでレプコン実験場に用がなくなり派閥毎順に去っていく
そして誰も殺さずにレプコン実験場を無人にすることも可能
凝っているだけあってバグも多いがこのクエストの結末にノバックエンディングが大いに掛かっている
ただ、序盤のサブクエクトのわりには要求スペックが結構高いので放置して後から来た方が色々楽

クエストが終わったあとはジャンク品拾いに勤しむ運び屋であった

関連用語について
コメントを投稿する
6290