西海岸スーパーミュータント

別名称一覧:
  • 西海岸SM
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
お気に入り
登録タグ一覧
スーパーミュータント
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
  • 末コメへ
7.名無しさん2020年11月21日 17時15分

特別に人肉が好物ではないようで、ジェイコブスタウンビッグホーナーの畜産で成り立っている
クリーチャーというより人間社会に受け入れられなかった結果のレイダー行為で人間と敵対している個体やグループが多い印象
ミーン・サノファビッチは人間にビビられながらも受け入れられているため人間のために戦いそのコミュニティを守っている

6.名無しさん2018年11月12日 14時34分
感想

まるでヒーローのように人の味方として戦い続ける者も居ればちんけな詐欺まがいの商売に精を出す卑しい者もいる
ミュータントも色々

5.名無しさん2017年05月18日 04時45分
感想

第一世代は1の主人公にほとんど転がされ、
第二世代は生まれた個体数が少ないので、
東海岸のSMたちほどゴロゴロ居るわけではない
発生源だったマリポサとそのFEVは既になく、新たに生まれることもない
西海岸ではスパミュは何気にレアな存在である

4.名無しさん2017年05月18日 03時56分

東海岸SMとの大きなな違いの一つに生殖器が変異で失われないのも特徴。
個体によっては性欲もちゃんとあるようで、Fallout2ではスーパーミュータントと………なことになってしまうイベントが有る。選ばれし者が男であっても。

ただし、スーパーミュータントの項目にも触れられている通り、生殖能力自体は失われているが、実はこの事実をザ・マスターは知らない。
その為、Falloutではこの情報をB.O.Sから得て、ザ・マスターと対峙した際に突きつけることによる会話での打倒が可能だった。

3.名無しさん2017年05月18日 03時20分

>>1
・素体となる人間が放射能による影響が少なけれ少ないほど~

放射能による影響が少ない素体であれば、FEVによる変異が問題なく行われるため、知能が向上する可能性がある」が正しい。Fallout Bible 5での回答によると、FEVによる変異が正常に行われていても、知能が向上する確率はそれほど高くないようだ。

西海岸SMの中で最も優れた知能と身体能力を誇り~

上にも書いた通り、第一世代のすべてが知能の高いミュータントなわけではない。特に、マスターが放射能による影響を発見する前に作られた個体は基本的に知能が低い。ナイトキンなどの優れた知能を持つ個体が作られたのは、マスターが素体を選別し始めて以降がほとんど。

エンクレイヴの人体実験などで誕生した~

第二世代のスーパーミュータントは、マリポーサ軍事基地発掘(目的はFEVサンプルの入手)の際にエンクレイヴに使役されていた奴隷が基地内のFEV変異して生まれたもの。ちなみにFallout Bible 0によると、フランク・ホリガンもこの発掘の際に感染し、変異しているようだ。結果、彼はその後二年以上にもわたってエンクレイヴ化学部隊の実験体として扱われることになる。

2.名無しさん2017年05月17日 08時47分

キャピタルの「戦い大好きー!」や連邦の「おまえのを食うのが楽しみだよ!」な連中に比べれば大分理性的で話も通じるが、人間を劣等種族と見下したり、好戦的で粗暴な一面があるなど共通点も多く、やはり基本的には恐れられる存在である

人間と共存している者も居るが、一方で人間との共存を嫌って自分たちだけの力で暮らしていこうとする者も多く、そういった連中は近付く人間を排除しに掛かる
また、人間への憎悪が深すぎる、または何らかの理由で正気を失ってゲリラ・野盗化した一派も居り、こういう連中はむしろ積極的に人間に襲い掛かる
そのため、人間の側でもスーパーミュータントを排除しようという声は大きく、ザ・マスターの脅威が過ぎ去って100年以上を経た現在でも、両者の和解は遅々として進んでおらず、大きな社会問題になっている

1.名無しさん2017年05月16日 15時30分

主に旧作や「ニューベガス」に登場したスーパーミュータントの総称
マリポーサ軍事基地に残されていたFEVに感染して変異した個体で、「3」のVault87発祥の個体、次回作「4」のインスティチュート謹製の個体とはFEVの種類が異なるためか、性質や特徴も異なっている
独自の特徴としては、東海岸のものたちに比べると全体的に知能が高く、誕生した時期によってこれまた彼らの間でも性質が異なっているという点がある
また、素体となる人間が放射能による影響が少なけれ少ないほど(Vault居住者など)、変異後のスパミュも高い知能を有するようになる模様

・第一世代
FEVによるミュータント化の性質を発見したザ・マスターが、その手で直接調整を加えて生み出した初期のスーパーミュータント
西海岸SMの中で最も優れた知能と身体能力を誇り、マスターズアーミーの主力として「1」で猛威を振るった
大半の個体はVaultの住人によって討ち果たされてしまったが、生き残りが「2」や「NV」にも登場し、主にコミュニティのリーダーとして活躍している

・第二世代
主に「2」におけるエンクレイヴの人体実験などで誕生した後発組
現在の西海岸スーパーミュータントの主体は彼らであり、知能も主体性も第一世代に劣っているが、それでも東海岸の連中よりはまだ話が通じる
大体は第一世代が形成したコミュニティの下で暮らしており、リーダーの方針で大人しい住民だったり、人間を襲うクリーチャーだったりと様々

関連用語について
コメントを投稿する
4340



ページ上部に戻る