マリポサ軍事基地

別名称一覧:
  • マリポサ
  • マリポサ基地
  • マリポーサ軍事基地
  • マリポーサ基地
登録する別名称のNG投票を行う
更新日:
ミニ用語として報告
登録タグ一覧
戦前の軍事施設旧アメリカ軍関係
タグを編集する

コメント一覧

  • 古い順
  • 新着順
1.名無しさん2016年06月13日 11時26分

マリポーサ軍事基地とも。戦前に設立された軍事基地であり、目的はFEVウィルスの研究であった。
戦前にこの基地を守っていた兵士達には一切の実験内容を知らせていなかったが、結局はその事は知られることになり、兵士達はロジャー・マクソンを中心として蜂起。FEV研究者達は処刑された。
ロジャー・マクソンはその後に兵士達のリーダーとなりFEV研究を進めていた政府に反旗を翻したが、その数日後には最終戦争が発生。マリポサ軍事基地のシェルターとそこに避難した兵士達は無事であったが、軍事基地のFEV研究所核ミサイルに破壊されてFEVウィルスが合衆国中に蔓延することとなった。その後、すぐにここに駐屯していた兵士達は放射線を避けながらロジャー・マクソンと共にロスト・ヒルズに移転。彼らがB.O.S.の源流となった。

2.名無しさん2016年06月13日 11時37分

その後に時が経ち、我々も良く知るような生物への変異作用として、基地の膨大なFEV漏れはスーパーミュータントを産み出した。彼らは仲間を作るために探鉱者などの拐った人間を片っ端からマリポサ軍事基地のFEVタンクに放り込んでいったが、その犠牲者の一人であるリチャード・グレイFEVへの暴露で極めて高い知性を獲得、基地のコンピューターと神経を接続して発達、全人類をミュータント化する計画を掲げ、スーパーミュータント達の指導者「ザ・マスター」として君臨することとなった。
このザ・マスターとその計画を破壊してウェイストランドを救ったのが「Vault Dweller」である。

3.名無しさん2016年07月12日 02時36分

本来はFallout1でもそろそろ終盤あたりというところで挑む難所なのだが、ゲーム中盤にウォーターチップまで後一歩の場所で進め方をミスるといきなりここに拉致られてしまう。装備も取り上げられ周囲には超強いミュータント軍団とどう考えても詰んでる状況としか言えなくなるが、あえてここに連れて来られないと聞けない重要台詞があったりする。
ちなみに思いっ切り頑張ることで脱出は可能。爆破装置もついでに作動させてしまったりして。

4.名無しさん2017年05月19日 02時24分

>>1
核爆弾が直撃してFEVが漏洩したのはウエストテック研究所。

>>2
おそらく「ミュータント」と書かれていたのを「スーパーミュータント」のことであると誤解したんだろうが、少々内容が不正確なので正しいのを書く。


この基地にはFEV培養槽があったため、野生動物などが変異した「ミュータント」の発生源になっていた。2102年3月22日、この「ミュータント」にキャラバンを度々襲撃されていたHub商人のハロルドは、医師のリチャード・グレイリーダーとする調査隊を結成し、原因の調査へと向かう。
その後、基地のロボットやミュータントに襲われ仲間を失いながらも、なんとか培養槽のあるエリアまでたどり着いたハロルドグレイの二人であったが、倒れてきたロボットクレーンへ跳ね飛ばされ、グレイが培養槽の中へと落とされてしまう。グレイはこの際の変異によって高い知性を獲得し、後に「ザ・マスター」へと変貌する。
一方ハロルドは基地を辛くも脱出することに成功し、幸運にも偶然通りかかった知り合いの商人に助けられるが、そのときすでにFEVによる変異は始まっており、まもなくグールのような姿になってしまう。

5.名無しさん2017年10月21日 17時59分
感想

リチャード・グレイって医者だったのか。
医者ならRADアウェイ大量に持ってそうだし知性を保ったままSM化したのも納得。

6.名無しさん2017年10月22日 11時09分

Fallout2ではミリタリーベースという地名で登場。
Vaultの住人」が爆破したため大部分が崩落しているものの侵入が可能。敵対的なスーパーミュータントが未だに多数はびこっている。
Dr.ヘンリースーパーミュータント治療薬実験をブロークン・ヒルズで行いたくないならここに向かおう。

ちなみにエンクレイヴの調査の手も入っており、エンクレイヴソルジャーの死体が多数転がっている。

7.名無しさん2018年08月01日 22時24分

2の時代に敵としてここに居る者達は、エンクレイヴが崩れたこの場所を掘り出すためにつれて来られた地元民達が変異してしまった者たちである。漏れだしたFEVによる影響を調べるためにわざと実験として何も言わないでエンクレイヴは彼らを連れてきたのである。
緻密な調整が加えられ、強靭な肉体と高い知性を両立していたマスター製と比べると肉体はともかく頭は悪い。これらはSM達から主に第2世代と呼ばれ、よくも悪くも純粋で上位者の意志に従う自我の薄い者たちである。多くは選ばれしものに打ち倒されたが、生き残った運のいい者たちは第1世代と同じようにそれぞれの人生を歩んでいる。
その純朴さは中にはスラム街に流れ着き、舌を抜かれるなど凄惨な虐待を受けながらも街の人々に一切反抗や暴力を振るわず、レイダーやギャングから守る為に働く事で街の住人として受け入れられた者もいるほどである。

2888